京都土産に! 京都清水寺『七味屋本舗』の「七味唐辛子」

「日本三大七味」をご存知ですか? 長野・善光寺『八幡屋礒五郎』、東京・浅草の『やげん堀』、そして京都・清水寺の『七味屋本舗』です。

『七味屋本舗』の特徴は、「辛すぎず、多層的な風味」であること。焙煎せずに自然乾燥した唐辛子は尖った感じがしない、じんわりとくる辛味。また、胡麻と紫蘇の風味が比較的強く、唐辛子というよりは「ミックススパイス」といった感じもします。

おそらく、この味の構造には、関西圏の食文化が関係しているのです。七味の味は「単体で感じるもの」ではなく、「何かに振りかけたとき」に最も美味しくなければなりません。関西圏は、うどんも、おでんも、醤油が立っておらず、ダシっぽい薄味です。そこに振りかけた際、全体の中で立ちすぎず、よりおダシが美味しくなるよう、現在の味になっていったのでしょう。

美味しいです。たかが七味唐辛子、されど七味唐辛子。

一般メーカーの3~4倍の値段ですが、それでも千円もしません。「高価なスパイス」はなかなか自分で買うのはハードルが高いものです、だからこそ。おみやげ、贈り物にはぴったりだと思います。

■七味屋本舗
住所:〒605-0862京都市東山区清水二丁目産寧坂角
Tel:0120-540-738、075-551-0738
地図:Yahoo!地図情報
HP:http://www.shichimiya.co.jp/
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。