今は人気の観光名所…京都の台所「錦市場」

 

 

400年の歴史を誇る、京都の台所・錦市場。京都市中京区錦小路通 寺町西入~高倉間。直線型で、全長約390m、道路幅3.2m(一部5m強)、店舗数126店の錦市場。全長は390mと長いものの、道幅の狭い商店街です。それでも昔から普段のおかずの材料を買いにきた主婦で日々賑わい、年末は遠方からおせちの材料を買い求めに来た人々でごった返してきました。

しかし近年は地元民に交じって観光客らしき人達が増え、外国人観光客の姿も多く見られるようになりました。

確かに、最近は古いお店が綺麗に改装されたり、老舗の食べ物屋さんが、店の奥に食事の出来るスペースを作ったり、食べ歩き用のスナックを店頭で販売するようになったりして、ずいぶんと観光地化してきています。

錦市場は、京都の食文化に興味のある方にお勧めのスポットです。京都らしい食べ物を見て歩き、小腹が空けば美味しい物を買って食べ歩き、疲れたらお茶かランチをして、最後に京都らしいお土産を買って帰る。錦で美味しい卵焼き、漬物、焼き魚、京菓子を買って帰り、ホテルのお部屋で食べれば手軽に京都の味を堪能できますよ! 「京都錦市場商店街振興組合」のHPがとても充実しているので、先にチェックしてから行かれると効率が良いでしょう。

所在地:京都府京都市中京区
地図:Yahoo!地図情報
京都錦市場商店街振興組合のHP:http://www.kyoto-nishiki.or.jp/
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。