プロ級の写真が撮れる! 世界遺産・白神山地の「青池」

 

 

旅行雑誌やパンフレットの美しい写真を見て、「プロのカメラマンだからこんなにキレイなんだ」と思ったことはないでしょうか?

秋田県と青森県にまたがる世界遺産、白神山地にある「十二湖」はパンフレット級の写真が撮影できる絶景スポット! 「十二湖」とは白神山地にある33個ある湖の総称。なかでも「青池」は、その名のとおり、インクを垂らしたように湖水が青く見える不思議な湖。

旅行雑誌やパンフレットなどではお馴染みですが、実際に裸眼で見ても青い!! 明らかに青……と識別できるほどなので、写真に撮ってもバッチリ。近くにある「沸壷(わきつぼ)」の池も湖水が青く、プロ級の美しい写真を撮ることができます。透明度も高く、とくに春から夏にかけてのシーズンがキレイに見えるそう。自分の極上の1枚を撮りに出かけませんか?

■十二湖
住所:青森県西津軽郡深浦町
アクセス:JR五能線十二湖駅より弘南バスで約15分
地図:Yahoo!地図情報
しらかみナビ:http://www.daiichikanko.jp/about06.html

■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/7/1~2021/7/31まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。