青森のパワースポット! 県内で最も標高の高い「岩木山」

 

 

岩木山は青森県で一番標高の高い山。津軽国定公園にも指定され、別名を津軽富士とも呼ばれ、地元の人達に愛されている。

古来より信仰の山として知られ、最近はパワースポットとして人気。登山ルートは色々あるが今回は岩木山神社の登山口を紹介。

現地へ行く。青森市から車で約1時間。岩木山神社に到着。車は神社の無料駐車場にとめる。土曜日とあって駐車場は大混雑。名物のアイスが売られていた。境内は樹齢百年くらいはあるだろう、大きな杉の木が!空気が冷たく感じる。湧き水が流れていて、飲み場ではお多くの人が喉の渇きをいやしていた。さて、肝心の登山口を探すと鳥居をくぐって神社の左側にあった。登山時間は4時間ちょっと。ええっ、4時間! 今回は断念した。

しかし、「津軽岩木スカイライン」からは八合日までバスで登れる。リフトでは頂上まで徒歩30分でつく。よく晴れた日には、南は鳥海山・八幡平、北は北海道まで見渡せ、陸奥湾、日本海も一望。

■岩木山
所在地:〒036-1343青森県弘前市大字百沢字寺沢27
アクセス:弘前駅からバスが運行
地図:Yahoo!地図情報
URL:http://www.iwakisan.com/
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。