ペリーが歩いた、幕末ロマン漂うペリーロード

 

 

日本を開国させるため来航したペリー提督にちなんだ下田市内にある通り。米艦隊を着けた港から、ペリーは日米和親条約付録下田条約を締結する会議の会場である了仙寺まで、楽隊を引き連れて歩いたそうです。その時歩いた約500mの道筋をペリーロードとして、今に残しています。

最近ではアニメ『夏色キセキ』の舞台となり、聖地巡礼スポットとして、多くのアニメファンが訪れます。

平滑川を挟む石畳の小径沿いには、開国当時の建物が残っており、独特の風情を醸し出しています。途中には、なまこ壁と伊豆石造の旧家「旧澤村邸」や、150年前の建物を使った創作料理とカクテルのソウルバー「土佐屋」などが立ち並び、幕末のロマンを感じる通りです。

■ペリーロード
住所:静岡県下田市三丁目付近
アクセス:伊豆急下田駅より徒歩10分
地図:Yahoo!地図情報
サイト:http://www.shimoda-city.info/
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。