穂高連峰を一望! 新穂高ロープウェイ

 

 

標高2156mまで数分で行くことができ、そこからの眺めは絶景です。穂高連峰が一望でき、3000m級の山々を近くに感じることができます。

標高が高いので、空気が薄く寒いので少し注意が必要です。5月上旬に行ったときは0度でした。

写真だと分かりづらいかもしれませんが、外を少し散策することも可能です。また、展望台にポストがありますので、葉書を送ることもできます。

第1ロープウェイを降りたところには、足湯や温泉があるので、第2ロープウェイから戻ってきた後や、第1ロープウェイ周辺を散策した後に利用されると、心も体も温まります。

平湯温泉~新穂高ロープウェイ間には、他にも観光スポットがあるようなので、お時間がある方は帰りに寄ってみるのも良いと思います。

■新穂高ロープウェイ
住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷新穂高
URL:http://www.okuhi.jp/Rop/FRTop.html
地図:Yahoo!地図情報
アクセス:
平湯温泉から新穂高ロープウェイまでバスが出ています。第1・第2ロープウェイの乗車券と、平湯温泉~新穂高温泉間の濃飛バス2日間フリー乗車券がセットになったチケットがコンビニで販売されていますので、平湯温泉からバスを利用される方はそちらを利用するとお得です(~新穂高温泉となっていますが、新穂高ロープウェイまで乗れました)。

セットプラン
http://www.okuhi.jp/Rop/news/news.html#set

濃飛バス
http://www.nouhibus.co.jp/new/noriai.html
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。