朱塗りが映える日本三大奇橋の1つ「二荒山神社神橋」

 

 

山々の緑、流水の透明な青とのコントラスト、朱塗りに映える美しい橋「二荒山神社神橋」。日本三大奇橋(山口県錦帯橋、山梨県猿橋)の1つに数えられています。

昔は神事や将軍さまが来たときに使っていて一般人は通れず、ひとつ下流の日光橋を通っていたそうです。ならば、渡れる今、渡っておきましょう!

二荒山神社神橋には「橘姫神」が祀られていて、対岸の「深沙大王」とともに男女一対となり橋の守護神となっています。そしてこの橘姫さまは縁結びの神様でもあるそうです。

東照宮へ行くときには目の前を必ず通りますので、そのときは日光橋から見るだけでなく、ぜひ二荒山神社神橋を渡ってみましょう!

住所:日光市山内2307
TEL:0288-54-0535
アクセス:東武・JR 日光駅より徒歩20分/駅前バスにて5分
URL:http://www.shinkyo.net/
地図:Yahoo!地図情報
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。