長岡で二百年の歴史を誇る老舗の名菓

長岡の一大イベントである長岡まつり。大花火大会の打ち上げ花火になぞらえて、名前がつけられた栗ようかんが写真の「水花火」です。

長岡で200年の歴史を誇る老舗の和菓子舗、紅屋重正のもので、卵の豊かな風味と粟のさらりとした心地よい舌触りが特徴の粟羊羹の一種です。甘さ控えめで、冷やすとさらにおいしくなります。

<DATA>
紅屋重正 本店
新潟県長岡市表町1丁目10番地35
http://www.beni.co.jp/

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。