詳細な解説とよく考えられた図解の教科書的解説書

iPhoneプログラミングの本で初心者が取っ付き易く、定評があり、かつiOSのバージョンアップとそれに伴うXcodeの操作の変更に、書籍プラスウェブ上のサポートで逐一対応しているということでこちらの本をおすすめします。

この本はアプリ作成にあたって、何ができるのか、どんなパーツがあるのか、そして実現できる動作についての解説が、イラストや図解を豊富に使用し視覚的に理解しやすいよう工夫が施されています。

また本書はサンプルプログラムを作成しながら学習していくスタイルですが、どのサンプルにおいてもXcodeの起動とプロジェクトを作成するところから始めるスタンスを取っています。

プロジェクトのテンプレートが示され、完成に至るまで途中の手順が全く省略されることなく懇切丁寧に記述されるので、読者はきちんとそのままトレースすることで確実にサンプルプログラムを作成できます。

さらに途中難しいところ、つまづき易いところには随所ワンポイントアドバイスのための小コラムが設けられ、読者は理解を深めながら手順を追体験していけます。

その他、Objective-Cの解説、画面部品の説明のバランスが良いので読みやすく、実機インストールの方法やADCウェブサイトの使い方について大変詳しい解説がある点も初学者には心強いです。

サンプルファイルやXcode 4.4までの補足情報はこちらのサポートサイトをご参照ください。
book.mycom.co.jp/support/pc/iphonesdk_book/

本書だけでも入門から普通のアプリケーションの開発に必要な知識まで一通り得られると思いますが、さらにObjective-Cを深く学んでみたい方は例えば同じく初心者向けで本書とは別角度から分かりやすく解説されている「Xcode 4ではじめるObjective-Cプログラミング」などと併せて読まれると理解を深められるのではないかと思います。
www.rutles.net/products/detail.php

■よくわかるiPhoneアプリ開発の教科書【iOS 5&Xcode 4.2対応版】
・出版社:マイナビ
・著者:森巧尚(もりよしなお)
・発売日:2012年02月23日
・ISBNコード:978-4-8399-4173-4