充実したカフェスペースで、魅惑の朝食を

【2015年9月末閉店】
明るい窓の向こうに青山の空がひろがる1階フロア。

1階はカフェとグローサリー。明るい窓の向こうに青山の空がひろがります。

2012年9月1日、英国「デイルズフォード・オーガニック」の日本第1号店がリニューアルオープンします。※2010年のオープン時の様子はこちらの記事をどうぞ。

「オーガニックはおいしい」「オーガニックはライフスタイル」の信念はそのままに、拡大されてより利用しやすくなったカフェスペースに新メニューが勢揃い。内覧会にうかがったので、さっそく新しいおいしさをお届けします。

本国で人気のブレックファーストを東京で

ボイルドエッグ&ソルジャー(550円)

ボイルドエッグ&ソルジャー(550円)

朝8時からスタートするブレックファーストは、朝食がおいしい国として知られるイギリスの食文化が体感できる充実したメニュー。卵料理はスクランブルエッグ、エッグロワイヤル、エッグベネディクトなど、6種類ものバリエーションが並びます。

一度お試しいただきたいのが、英国家庭料理の定番「ボイルドエッグ&ソルジャー」。トーストを兵隊さん、半熟卵を帽子に見立て、「兵隊さんに帽子をかぶせて食べるのよ」と、お母さんが子どもに教えるのだそうです。

卵は長野県の橘自然農園の有精卵を使用。調味料をまったく必要としないおいしさです。

左:ブリティッシュパンケーキ 右:ボイルドエッグ&ソルジャー

左:ブリティッシュパンケーキ 右:ボイルドエッグ&ソルジャー

次ページで、朝食にもおやつにもぴったりのブリティッシュ・パンケーキと、ディナーをご紹介しましょう。
テラス20席、1階22席、2階50席。どのフロアも気軽に楽しめます。

テラス20席、1階22席、2階50席。どのフロアも気軽に楽しめます。