モルディブのリゾートは「1島1リゾート」

Co1

青い空、エメラルドに輝く海、白い砂、島を覆う緑、自然を満喫できるモルディブのリゾート


モルディブ共和国は、スリランカ南西のインド洋に浮かぶ26の環礁と1200の島々から成る島国。約200島に人が住んでおり、そのうち100島あまりがリゾート島となっています。モルディブでは全てのリゾートホテルが、アイランドリゾートの極致とも言える「1島1リゾート」となっており、空港島フルレからスピードボートや水上飛行機等で移動することになります。リゾート島の広さは徒歩で1周15分から30分程度。ベストシーズンは12月~4月と言われていますが、ここ数年、雨季と乾季の差が薄れつつあり、年間を通して観光客が多く訪れています。世界有数の美しさを誇るモルディブの海では、スノーケリングやダイビングを始めとするウォータースポーツ、そしてドルフィンウォッチング、フィッシングなどのエクスカーションを楽しむ事ができます。   

ロマンチックな海の上の個室! ココアアイランドの水上コテージ

Co2

島一周徒歩15分ほどの小さなココアアイランド。ドロップオフまでの距離も近く、様々な種類の魚が現れる


フルレ国際空港からスピードボートで40分。南マーレ環礁にあるココアアイランドは、小さいながら白砂の美しいビーチを誇るリゾート。美しい珊瑚礁に囲まれ、グッドコンディションのハウスリーフがご自慢です。

ココアアイランド(通称ココア)は、シンガポールに本社を置くコモホテルズ&リゾーツが運営するホテルで、同社は他にもバリ島のコモシャンバラエステートやタイのメトロポリタンバンコクなど、ハイセンスなコンセプトホテルを展開しており、建築デザインはもちろん、インテリアやファシリティ、スタッフの制服に至るまで洗練されています。それもそのはず、実はこちら、シンガポールのファッションビジネス界を牽引する「CLUB21」という会社のオーナーが始めたホテル部門なのです。シティホテルには都会的なエッセンスを取り入れ、リゾートホテルには自然と一体化するようなナチュラルデザインを、とそれぞれにコンセプトがあります。

Co3

ドーニ(船)型水上コテージ。中に入ると意外に広い!

さて、ココア最大の特徴といえば、「ドーニ」というモルディブ伝統の船をモチーフにした水上コテージの存在。外観のキュートさもさながら、内装がとにかくお洒落。

 
>> ではさっそくゲストルームからご紹介していきましょう