アラン・チャン氏が手がけたUrban Style(アーバンスタイル) 

都会的なホテルの一室をイメージしたUrban Style(アーバンスタイル)は、ホワイトを基調としたシンプルなデザインです。このコンセプトルームにあるものは全て「Francfranc Hotel and Resort(フランフラン ホテル・アンド・リゾート)」のアイテム。つまり、この整った一室を、自宅でまるごと再現可能、ということですね。

Francfranc Hotel and Resortで美しい暮らし 前編

アラン・チャン氏がコンセプターを務めたアーバンスタイルのお部屋。お手入れしやすいホワイトの合皮で覆われたFHUベッド(幅1500×奥行き2050×ヘッドボード高さ1500(mm))11万円。天板に白の大理石を使用したシンプルで高級感のあるFHUナイトテーブル(直径450×高さ560(mm))2万5000円


ベッドまわりはほぼホワイト一色。ピローケースはタックでデザインがされていたり、クッションのファブリックはニットやキルティング、麻など素材違いで用意したり、また、ラグの素材がユニークだったり、と変化があるので、単調さは全くなく、とても上等な印象です。

Francfranc Hotel and Resortで美しい暮らし 前編

FHU ホワイトピローケースは、刺繍(3000円)、ボタン(2500円)、プリーツ(2700円)の3種。組み合わせると、本当のホテルみたいな雰囲気が味わえそう。ホテルには付きもののベアもあります! 足裏のホテル&リゾートシリーズロゴ刺繍がキュート


コンフォーターケース(掛け布団カバー)にはFrancfranc Hotel and Resortシリーズをあらわす「F/h」のロゴが刺繍され、アクセントに。このほか、バスローブやルームシューズなど、デザインだけでなく手触りもいいアイテムが揃っています。ベッドはすぐに買い換えるわけにはいかないでしょうけれども、カバー類を取り替えれば、あなたの寝室もホテルライクに早変わり!

さて、このお部屋はホワイトを基調としていますが、実はさりげないカラーコーディネートがされているんです。その秘密を次のページでチェック!