自動ブレーキシステムは使えるものなのか?

危険な状況になったら自動的にブレーキがかかるシステムの搭載が進んできている

危険な状況になったら自動的にブレーキがかかるシステムの搭載が進んできている

ここにきて危険な状況を車載のセンサーなどで判断し、自動的にアクセルを戻したりブレーキを掛けたりする装置が普及し始めている。こういった機能、普通のドライバーはもちろん、認知症や低血糖状態や脳疾患時の意識喪失にも効果を持つ。果たしてどの程度の安全性を確保できるのだろうか?

 
最も安価で購入しやすいスバルの『アイサイト』を例に、機能を紹介してみよう。この装置、キーをオンにした時点から自動的に稼働する。停止時に最も危険なのが、ペダルの踏み間違えによる暴走だ。アイサイトのセンサーは人間の目と同じく2つのカメラ。距離を正確に把握できます。
搭載したカメラで前方の状況を確認する

搭載したカメラで前方の状況を確認する


進行方向側に人や壁やクルマといった「障害物」のある場合、アクセル全開にしてもクリープ程度の出力にしかならない(車止めがある駐車スペースだと乗り越えられない)。残念ながら"バック運転"には対応していないが、たとえば認知症や脳疾患が原因時の暴走事故では大半が前進で発生している。

走行中に意識を失ったらどうか? スバルは「30km/h以下の速度なら、衝突する前に停止できる可能性が高い」と言う。実際は30km/hなら急ブレーキで"ほぼ"衝突前に停止。ガイドのテストでは40km/hでも余裕だった。乾いた路面だと50km/hくらいがボーダーラインか?

それ以上の速度だと衝突前の完全停止はできないものの、事故になった時の速度を大幅に低くできる。少なくともアクセル全開のまま暴走するような事態は防げると思う。ちなみにアクセルペダルは思い切り踏んだ状態でも、制御コンピュターが強制的にアクセルを戻す。
スバルのアイサイトのイメージ図

スバルのアイサイトのイメージ図