何だか持っていると嬉しくなるシャープペンシルの不思議

Varacil06

「Varacil」の完成がこちら。意外にもカッコいい

そうやって完成したシャープペンシルは、個性的なルックスで、しかも小さなパーツがカッチリと組み上がっているため、不思議と精巧な感じがして、筆記具のルックスとしてはかなりポイントが高いと言えるでしょう。ガイド納富は普通に「カッコいい!」と思いました。もちろん、普通に0.5mmのシャープペンシルとして使えます。凄い事に、持った時のウェイトバランスも悪くありません。

といっても、もちろん書き心地は悪いです。軸はゴツゴツと凹凸がありますし、グリップも思ったよりはしっかり握れるものの、やはり凹凸が多くて、ある程度の文字数を書くと指先が痛くなってしまいます。でも、このシャープペンシルを使っているという状況が嬉しいのです。不思議ですが、何だかワクワクするのは確かです。繰り返しますが、決して実用品ではありません。使えますけど、便利ではありません。

ガイド納富の「こだわりチェック」

Varacil07

ノックボタンにも凹凸が付けられていて、デザインが統一されている

持っていたいもの、というのはあるものです。それは人それぞれですから、この「Varacil」が嫌いという人もいるでしょうし、ガイド納富のように、多分、滅多に使わないけど持っていたいという人もいるでしょう。もちろん、毎日使うという人だっているはずです。ガイド納富が、何故「Varacil」を好きかというと、多分、ノックボタンでさえパズル的な意匠を組み込む徹底ぶりとか、使いやすさなんか考えてもいない、でも間違いなく筆記具に見えるようにデザインされた極端なルックスとか、買いやすい価格とか、パズルとしての難易度の適当さとか、そういう全体の「凄い事をしていないけど、ちゃんと楽しい製品になっている」という緩いムードだと思います。

筆記具好きというのも他愛ないもので、こんな1000円程度で買えるプラモデルひとつでご機嫌になってしまいます。粗品で貰うボールペンだって使い尽くさないと捨てられません。某企業の展示会で頂いたボールペンが、去年はジェットストリームで今年はフリクションボールと、きちんと選んでいる感じだった事が、とてもその企業の好感度を上げたりと、本当に単純なものです。その一方で、この「Varacil」のような、持ち心地自体が悪いのに、手で持って、実際に書くと何だか嬉しくなったりもして、これはこれで、複雑な好みなのかも知れませんね。

【関連リンク】
AS IF TOY「Varacil」の公式サイト
AS IF TOY「Varacil」はアマゾンで購入できます

【最近の記事】
キングジム「スキャンノート」は未来の普通を目指す
小型のブリーフケースが実現する機動性の高さと快適さ
持ち歩きやすさと扱いやすさを両立させた旅持ち茶器
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。