ドライブフィールの味付けも違う

スバルBRZ 走り

BRZと86ではドライブフィールが意外と異なるところも興味深い。スバルのイメージカラーである「WRブルー・マイカ」はBRZの専用色


そして、注目のフットワークについて。86とBRZでは、サスペンションのスプリングとダンパーが差別化されていて、大まかにいうと、BRZを基準にすると、86はフロントが柔らかめ、リアが固めとなっています。これにより、両車では前後のロールバランスがだいぶ違っています。

ドライブフィールを端的に表現すると、乗り心地はBRZのほうがダンピングが強く効いていて固めに感じられますが、そのぶん初期の応答性はシャープで、操舵に対する反応が一定しているという感じ。まさにスバル風味といえる味付けです。対する86は、フロントを動かすことで、リアのトラクションをコントロールしていけるので、ドライビングの自由度が高いという印象です。
スバルBRZ インパネ

BRZのインテリアはブラック基調。86と異なり、デジタルスピードメーター内蔵のレッドスポーツメーターが全車標準装備。さらにBRZでは、中堅の「R」のインテリアを最上級の「S」なみの装備にできる「スポーツインテリアパッケージ」がオプション設定されている


セッティングとしての違いは、それほど大きな差ではないのですが、実際のドライブフィールの違いは、けっして小さくないように思えます。これは、どちらが良いor悪いではなく、まったくもって好みの問題でしょう。そして、こうした違いがあるからこそ、単なるスバルからトヨタへのOEM供給ではなく、両車が別々に存在する意義がより高まるのだと思います。もっとも、スプリングとダンパーのみの違いなので、そのあたりをアフター品などに交換してしまえば関係なくなってしまう話ではありますが……。

まだ出て間もないクルマなので、煮詰めのいたらない部分も見受けられますが、とにかくどちらもドライブして楽しいクルマです。まずは、両車ともディーラーに比較的豊富に試乗車が用意されているようなので、興味のある方はぜひ乗ってみることをおすすめします。今後また何か気づいたことなどありましたら、機会があればレポートしていきたいと思います。


【関連サイト】
トヨタ 86
スバル BRZ

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。