「不祥事」池井戸潤 著

「不祥事」面白かったです! 正義感溢れる女子工員が、銀行内で不当にのさばる奴らをばっさばさとやっつけるという痛快小説です。

水戸黄門のような悪勧善懲的な面白さです。しかし、主人公の花崎舞が武器にするのは印籠ではなく、優れた事務処理能力。問題を抱える支店へ指導員として出向くという仕事をしているのですが、様々な問題に真っ向から立ち向かっていくのです。

とにかく忙しくて窓口がまわらない支店、縁故入社がやりたい放題にしている支店と、各支店の抱える問題は様々。機転を利かせて解決していく様が面白いです。

どんなに忙しくても必ず確認しなければいけない事項があって、その大事さもよくわかり勉強になります。銀行の中でも誰でもが利用する窓口が舞台なので身近に感じられます。

また、連作短編集の形式になっており読みやすいです。中にはスカっと痛快にはいかず、かわりに考えさせられるものもありました。これを読めば窓口で待たされる時のイライラが軽減するかもしれません。

初めて読んだ池井戸さんの本です。金融業界がテーマの小説は難しいと思っていた私の考えを覆してくれた一冊です。

 



【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で書籍を見る

Amazonで小説を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。