縦のレイアウトを考える

1枚目:普通に撮影

1枚目:普通に撮影

2枚目:構図を考えて斜めから撮影

2枚目:構図を考えて斜めから撮影

スマホで撮影するなら、気をつけなくてはいけないのはレイアウト。

デジカメでよく写真を撮影する人は、横で撮影するのに慣れているかもしれません。しかし、携帯電話だと縦のレイアウトになります。同じものを取るにもここからここまでを撮影したいと考えなければいけません。

1枚目は普通に撮影しました。自然光でよく撮れているような気がしますが、サラダが切れてしまっています。また、フォークも先端だけしか見えません。しかし、2枚目のレイアウトにしてみると構図がしっかりしていて、違った雰囲気になっているような気がしませんか。これ、かなり斜めから撮影しています。

気をつけているのは、「ここからここまで撮影したい」という思い。なので、よくする手法は右か左かどちらか斜めの方から撮影する方法です。スマホを斜めに持って撮影するだけでも撮影範囲が違ってきます。また、低い位置から撮影してみるとそれもまた違います。

写真撮影も同じものを違う角度から数枚撮影しておくと「こんな雰囲気で撮影できるんだ」と実感できると思います。

ちなみに撮影した機種は、auのINFOBAR、A01で撮影しています。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。