カット

ジョーレングスのボブベースでリップラインからレイヤーを入れ、顔周りを動きやすくし華やかな印象にします。質感は全体的に適度に重さを残し、表面には軽さをつけることで、Aラインシルエットを壊さない様に柔らかさをつけてます。また、バングの長さを目ギリギリに設定し厚めにすることで、目力UPと顔のバランスをやや横に広がる様にし、キュートさもUPさせています。
 

パーマ

ノーズラインから、シッツカリ目のワンカールをかけ、柔らかな丸みを強調するようにするとよりキュートさがUPます。ストレートではややシャープに洗練した印象になるので、Cカール以上の大き目カールがある方がシルエットが横に広がるのでキュートさを出すのには有効です。
 

カラー

カラーは、13トーンのゴールドアッシュでドライな印象です。このスタイルの柔らかさを保つ目的であれば、中明度である8~10トーンでも問題なくOKです。
 

スタイリング

ドライでフンワリしたスタイルですので、マッド系WAXを揉みこむように馴染ませ、指を開いて振る様に崩すと程よく広がり、決まります。
 

サイド

フンワリキュートボブ

hair 森 貴志

 

バック

フンワリキュートボブ

hair 森 貴志




▼この髪型を提案してくれたのは……
サロン:Bella Dolce 担当スタイリスト:森 貴志 
店舗情報 http://www.beauty-box.jp/salon/bella_dolce/

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。