2012除湿機トレンド

2012年・この夏おすすめの除湿機

最近の除湿機は、湿気を取り除く「除湿」だけでなく、花粉対策や夜家事など生活環境の変化により部屋干しをする人が増えていることを反映し、洗濯物を乾かす「衣類乾燥機能」が強化されています。そんなトレンド機能も含め、これからの季節におすすめしたい、2012年の注目製品をピックアップしてみました。

 

狙って乾かす!三菱電機:部屋干し3Dムーブアイ

三菱電機:部屋干し3Dムーブアイ

操作パネルには、ムーブアイがどこを乾かそうとしているかが分かる図が表示されるようになりました

まずは、夏場に強い「コンプレッサー式」から。エアコンで有名な「ムーブアイ」を搭載した、衣類乾燥には特に力を入れている製品です。2012年は、ムーブアイの完成度がさらに進化! 操作パネルには、ムーブアイがどの範囲を認識していて風がどこを狙っているかが、簡単な図で確認できるようになりました。

 
三菱電機:部屋干し3Dムーブアイ

濡れている服の温度だけ低くなるので、ムーブアイがそれを感知して運転をコントロールします

洗濯物を乾かす時、同時に干しても乾く早さが違いますよね? これは、生地の素材や厚みが違うから。そこで、乾いていない衣類にだけ風を当てる「狙いうち乾燥」を開発。独自のセンサー「ムーブアイ」で衣類の位置とそれぞれの乾き具合をチェックする、他社にない目玉機能です。見分け方は衣類の温度。濡れていると周囲の温度より低く、乾くにつれ室温と一緒になるという原理を利用しています。


 
三菱電機:部屋干し3Dムーブアイ

濡れている服を見極めて、そこだけに風を送っていました

実際に使ってみると、本当にしっかり濡れた衣類を狙っているのが分かります。右上と左下に濡れた衣類があれば、その部分だけ上手に風を送るようにルーバーが動くなど、かなり細かく吹き分けできるようになりました。これにより、乾きムラや生乾きのニオイを抑えることができます。ムダな運転をしないため、省エネにも貢献できるのもうれしいポイント。部屋干しの頻度が高い人に、ぜひおすすめしたい1台です。

参考サイト:メーカー製品サイト