除湿器の除湿能力を知る

カタログに掲載されているリットル(L)数が除湿機の能力となります。このリットル数は、1日に除湿できる水量を表し、家庭用としては6L位~18L位までの容量があります。除湿能力と除湿面積の目安を一覧にしましたので、参考にして下さい。
除湿能力と除湿面積の目安

除湿能力と除湿面積の目安


除湿能力の数値が大きいほど、早く除湿ができます。できるだけ素早く除湿をしたい場合は、適応面積に関わらず大きな容量を選ぶ方がよいでしょう。2017年には家庭用として20Lタイプも登場しました。しかし、本体も大きくなりますので、サイズや重さも考慮しながら検討することをおすすめします。

また、除湿能力が高くても、取り除いた水を貯めるタンクが小さければ、自動停止してしまい、せっかくの能力が生かせません。タンクの容量や連続排水可能な仕組みになっているかなども、あわせて確認しておきましょう。

次は「どのタイプを選べば良いか?」が問題です。では、選ぶ際のチェックポイントをみていきましょう。

除湿器の選び方:使用する季節と使い方を想定する>>



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。