とにかくたくさん撮ろう

 

 

料理を撮影するときのコツですが、デジカメは何度でも撮り直しができるので、とにかくシャッターしてみるようにしています。

カメラについている便利な機能、料理をアップで撮るための設定にしてみることはもちろん、ポートレートや風景モードにして撮るなどチャレンジしてみると、目的とした用途とは別の設定で、思いがけずきれいに撮れたりすることもあります。

明るいうちに自然光のあるところで撮影すること。雑誌や食べログなどにも素敵な料理写真がでていますので、アングルを参考にしてみます。

カフェなどで料理写真が良く撮れたと思うお店にある共通点を感じます。オーナーさんが食べた人に幸せを感じてもらいたいと丹精込めて作った料理であること。不思議とエピソードを聞くと、きれいに撮りたいという気持ちがわいてきます。わたしにとって、このあたりがとても重要なポイントです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。