寝台特急サンライズ瀬戸・出雲の旅

サンライズ瀬戸

高松を目指して快走する『サンライズ瀬戸』(C)JR四国

相次ぐブルートレインの廃止で、唯一の定期寝台列車として孤軍奮闘中なのが、東京駅発着の「サンライズ瀬戸」と「サンライズ出雲」だ。伝統的な青を基調とした夜のイメージだったブルートレインに対し、「サンライズ」はベージュと赤を基調とした夜明けの明るいイメージ。機関車牽引だったブルートレインに対し、機動性を誇る電車編成で颯爽と夜の東海道を駆け抜ける。

登場は1998年と比較的新しく、老朽化が目立ったブルートレインに対し、車内は快適そのものだ。現代のニーズに合うように個室主体なのもビジネスパーソンや女性観光客を中心に喜ばれている。今回は、「サンライズ瀬戸」を中心に「サンライズ・エクスプレス」の旅をレポートしよう。

<目次>

東京駅午後10時発の「サンライズ・エクスプレス」

東京駅

東京駅発は午後10時ちょうどのサンライズ・エクスプレス

「サンライズ・エクスプレス」は毎晩午後10時ジャストに東京駅9番線を出発する。
発車案内

東京駅9番線の発車案内


14両編成のうち、前7両が四国の高松行き「サンライズ瀬戸」、後ろ7両が山陰の出雲市行き「サンライズ出雲」となり、翌朝、岡山で切り離されて、それぞれの目的地を目指す。7両編成の内訳は「瀬戸」「出雲」ともに全く同じだ。