絆を感じられる本「八朔の雪」-みをつくし料理帖

絆と聞いて迷わず思いつくのが、高田郁著『八朔の雪』-みをつくし料理帖です。

困難にも真っ直ぐ立ち向かう主人公澪の姿がなんとも健気です。両親を亡くし拾ってもらった奉公先もなくなります。そんな澪を支える人々。困っていたから、ただ助けるだけのこと。見返りや計算を考えることなく。そしてまた澪も精一杯応えようとします。そんな絆の深さにグッときます。

今よりずっと不便だった時代、一度離れ離れになってしまうと再開するのも難しい中、心の中で想い続ける親友のこと。ラストは温かい涙がこぼれました。

みをつくし料理帖としてシリーズは続いていますが、絆を感じられるとしてやはりこの1冊目を押します。




【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で書籍を見る

Amazonで小説を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。