「山本屋本店」と「山本屋総本家」、名古屋味噌煮込みうどんの代表格を食べ比べ!

 
旅行者にお薦めするならやはり味噌煮込みうどんでしょう。旅行者は赤味噌のなごやんテイストを存分に堪能でき、なおかつ地元っ子も日頃から食している正真正銘のご当地グルメです。

「山本屋本店」と「山本屋総本家」の2社が代表格。名前がそっくりで紛らわしいのですが、それぞれ特徴があります。つゆが比較的すっきりして(味噌煮込みにしては、ですが)万人ウケしやすいのが「本店」、こってり濃ゆ~く赤味噌特有の渋みや辛みをこれでもかと体感できるのが「総本家」。初めての人は「生煮えじゃないか!?」と驚く麺の固さは共通していますが、これまたどちらかといえばより固いのは「総本家」です。値段はいずれも1000円前後です。

旅行者が立ち寄りやすい店舗で言えば、
「本店」は名古屋駅地下街のエスカ店や栄の中日ビル店、栄本町通り店
(「山本屋本店」HP http://www.yamamotoyahonten.co.jp/
「総本家」は名古屋駅のタワーズ店、名鉄店、栄の本家、松坂屋店など。
(山本屋本店」HP http://yamamotoya.co.jp/day/index.html

味噌煮込みうどんは、市内のうどん屋さんなら大体どこでもあり、ハズレの確率も低いので、勘を頼りにのれんをくぐってみてもいいかもしれません。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。