50代の今気づけば改善の余地があります

50代の今気づけば、いくつかの解決策をとることができます。たとえば、

・妻が働きに出る。
・夫が60歳以降も働く決意をする。
・大学生の次男に奨学金を利用してもらう。
・家計を見直して支出を減らす。
・お金に働いてもらう「運用」の勉強もする。

など、いくつも挙げられます。

しかし、気づくのが10年遅いと、手段は限られます。投資をするにも、資金量が多くないとリスクを取りにくくなります。60歳代半ばで仕事を見つけるのは至難のわざです。

つまり、50代で気づけばどうにかなったものが、60代半ばでは厳しいと言わざるを得ないのです。この問題は、当初の貯蓄が仮にあと1000万円多く1500万円だったとしても、起きてくる問題です。
 

家計危機が起きるかどうかのチェック法

こうした問題の有無を確認するには、キャッシュフロー分析を行うのが一番です。FPなどに相談されることをお勧めします。あるいは、あくまでも1つの目安ですが、60歳(または65歳)時点の「正味財産」を最低でも3000万円にすることを目指してはいかがでしょう? 

「正味財産」は、資産から負債(借金)を引いた差額です。

資産には、金融商品だけでなく、不動産やマイカー、その他の資産をすべて含めます。もらえる予定の退職金も含めます。不動産の価値は売買実績などで把握し、投資商品は現在の時価で把握する必要があります。負債は、住宅ローン、教育ローン、マイカーローン、カードローン、フリーローンなどが含まれます。

この差額を60歳(または65歳)時点で3000万円以上にするというのは簡単なことではないですが、50代という難しい年代の人は、これをひとつの指標として、家計を顧みてはいかがでしょう。

潜在的な問題を抱える家計は、打つ手があるうちにしっかり手を打って、「家計クライシス」を回避したいものですね。


【関連コラム】
子育て家計も親の介護リスクに備えよう

住宅ローンは55歳までに返そう!
40代以降のもう1つのリスクとは?
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。