【な行】の中には、「ニュー・オーナー・シンドローム」という言葉があります。たとえばブリーダーやペットショップから犬を迎える時など、子犬が親犬や兄弟犬から離されたり、それまでとは違う環境に連れてこられたことで、そのストレスから体調を崩すことを意味するのですが、特に子犬を迎える時にはそれまで使っていたタオルやベッド、オモチャ類などを頂いてきて、その匂いで安心させあげる、初日からかまい過ぎない、少なくとも一週間くらいは気をつけて様子を見る、など気配りしてあげましょう。

犬の体-頭部

ノーズ・ブリッジ(Nose Bridge)
鼻筋、鼻梁のこと。

犬の体-目

---------------

犬の体-耳

---------------

犬の体-鼻

ノーズ・バンド(Nose Band)/マズル・バンド(Muzzle Band)
口吻部をぐるりと取り囲む白い模様。

犬の体-口吻

ノーレス歯
先天的に上下の切歯が通常より小さく、歯並びが悪かったり、欠歯があるもの。

犬の体-首~胸~胴

ナロー・フロント(Narrow Front)
犬を前から見た時、胸の幅が狭くなっているフロント部分(首や胸、前脚など体の前部分)。

犬の体-脚

ナックリング・オーバー(Knuckling Over)
前脚の手根関節部分が後ろへ向けて曲がってしまっている状態。また、医療面においては足先を後ろへ向けて折った後、自力で元に戻せない状態をナックリングと言う。
肉球(にくきゅう)
パッドのこと。足の裏、指の裏にある弾力性のある部分。衝撃などを吸収する役目をもっている。
ニー・ジョイント(Knee Joint)/スタイフル(Stifle)
膝関節のこと。
猫足(ねこあし)/キャット・フット(Cat Foot)
足先が猫のように引き締まって、丸くアーチした足のこと。

犬の体-尾

薙刀尾(なぎなたお)
日本犬の差し尾の中で形が薙刀に似たもの。
二重巻(にじゅうまき)
日本犬の巻き尾の中でも堅く、ぐるぐると二重に巻いている尾。
鼠尾(ねずみお)/ラット・テイル(Rat Tail)
アイリッシュ・ウォーター・スパニエルに見られる尾で、根元にはしっかりとした巻き毛があるが、先細になっている尾の先端にいくほど無毛になっているもの。また、高齢や病気などで尾の毛が抜けてしまい、鼠の尾のようになってしまった状態もラット・テイルと呼ぶ。

犬の体-歩き方

内向歩様(ないこうほよう)
両足先が接近した、O状肢勢の犬に見られる歩き方。

犬の体-被毛と毛色

プーリー

縄状の被毛をもつプーリー。

縄状毛(なわじょうもう)
まるで縄のれんのように毛が絡み合っているもの。代表的なのはコモンドールやプーリー。
二重毛(にじゅうもう)/ダブル・コート(Double Coat)
多くの犬種でオーバー・コート(上毛/主毛)とアンダー・コート(下毛/副毛)の2種類の毛が生えている。前者は太くしっかりした毛で主に外側からの刺激に対して体を保護しており、後者は防水性があり、体温調整などの役目をもつ。この両方の毛をもつ被毛をダブル・コート、二重毛と呼ぶ。
ぬた毛
紀州犬に対して使われる言葉で、白灰色の胡麻毛のこと。

グルーミング

涙やけ
目が大きな犬、または涙の通路である鼻涙管の通過障害や眼瞼内反症(逆さ睫毛)など何らかの原因によって涙が溢れてしまったり、通常より涙の量が多くなることから目の下の毛が赤茶色に変色してしまう症状のこと。原因の一つとして食事内容も影響すると言われている。
ネイル・クリッパー(Nail Clipper)/ネイル・トリマー(Nail Trimer)
犬用の爪切りのこと。鋏タイプのものと、爪の先を輪の中に入れてカットするギロチンタイプとがある。

ネイル・クリッパー、ネイル・トリマー、ネイル・カッターなどと呼ばれる犬用の爪切り。これはギロチンタイプ。


トレーニングとドッグ・ショー

ニュー・オーナー・シンドローム(New Owner Syndrome)
ブリーダーやペットショップから犬を連れてきた時など、子犬が親犬や兄弟犬から離されたり、それまでとは違う環境に連れてこられたことで、そのストレスから体調を崩してしまう症状のこと。

ブリーディング

-----------------


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。