マイクロソフト オフィスのデータやPDFが閲覧、編集できる
「KINGSOFT Office for Android」

 
ワード、エクセル、パワーポイント、PDF書類見られるKINGSOFT Office for Android

ワード、エクセル、パワーポイント、PDF書類が閲覧できるKINGSOFT Office for Android(auスマートパス非登録だと2980円)


ビジネスアプリの定番といえば、マイクロソフトのOfficeで使われる、ワード、エクセル、パワーポイントとAdobeのPDF書類です。これらをスマートフォンで見たり、編集するには、互換アプリが必要となります。

KINGSOFT Office for Androidは、有料版と無料版があり、無料版でも閲覧・編集ができますが、利用できる期間に制限があります。試用期間が過ぎると有料版のライセンスキーを購入しないと継続利用ができません。

Office互換アプリの多くは、無料版では閲覧のみしかサポートされておらず、データを編集しようとすると、有料版を購入するかライセンスキーを購入しないと使えません。しかも、そのほとんどが1000円以上しますので、気軽に購入して試すというわけにはなかなかいきません。

その点、auスマートパスのKINGSOFT Office for Androidであれば、月額390円の料金で、フルバージョンを使い続けることができます。
スマートフォンで閲覧だけでなく編集、作成もできる

スマートフォンで閲覧するだけでなく編集、作成もできる


ダウンロードは簡単。カテゴリ>ビジネスからアプリを選び、ダウンロードするだけです。ダウンロード後、アプリを起動すれば、すぐに使い始められます。
ダウンロードは簡単undefinedワンタップでできる

ダウンロードはワンタップでできる


スマートフォン上に保存されている、テキスト、ワード、エクセル、パワーポイント、PDFをファイルを自動で検索して表示してくれるので、必要なファイルを簡単に選んで閲覧できます。もちろん編集もできるので、外出先で急に修正が必要になっても、会社に戻ったり、パソコンを取り出したりしなくても対応できます。
自動でスマートフォン内の対応ファイル検索して表示してくれる

自動でスマートフォン内の対応ファイルを検索して表示してくれる



スマートフォンを買ったら入れておきたい辞書アプリ
「ジーニアス英和辞典第4版・和英辞典第3版」


高価格アプリの代名詞といえば、辞書

高価格アプリの代名詞といえば、辞書(auスマートパス非登録だと4800円)


高価格アプリの代名詞といえば、辞書です。しかし、辞書アプリほどスマートフォンに入れておいて便利なアプリはほかにありません。

紙の辞書だと重量も重く、持ち歩くにもかさばります。英和・和英・国語など複数の辞書を持ち歩こうものなら、かなりの大荷物になります。また、使う際も単語を調べるためにページをめくる作業も楽ではありません。収録数の多い辞書ほど、その負荷は高くなります。デジタル版であれば、たくさんの辞書をインストールしても重さはかわりません。また単語を引くのも検索ワードを入力すれば一瞬です。
辞書アプリはスマートフォンで非常に便利なアプリ

辞書アプリはスマートフォンで非常に便利なアプリ


こんなに便利な辞書アプリですが、価格が高い…… そう、辞書アプリは有料アプリの中でも特に高価なアプリなのです。それがauスマートパスを使えば、ジーニアス英和辞典第4版・和英辞典第3版をはじめ、ほかの辞書アプリをいくらダウンロードしても月額390円。これは、辞書好きでなくても嬉しいポイントです。ダウンロードは、カテゴリ>学び>辞典から選びます。

インストールが完了したら、まずアプリを起動しましょう。最初に辞書データのダウンロードを促されるのでデータをダウンロードします。辞書データは、かなりファイルサイズが大きいので、できれば通信速度の速いWi-FiやWiMAXが接続できる場所でダウンロードしましょう。Wi-FiやWiMAXの接続ができない場合は、後でダウンロードすることもできます。その場合には、辞書管理>ダウンロードからダウンロードできます。
辞書データのダウンロードして使い倒す

辞書データをダウンロードして使い倒しましょう



もっと効率的な文字入力ができる
「ATOK for Android」


パソコンで定番の文字入力アプリATOKも使える

パソコンで定番の文字入力アプリATOKも使える(auスマートパス非登録だと1500円)


スマートフォンには、予測変換の文字入力システムがインストールされています。ですが、予測候補に思っている単語が出てこないとか、思った通りに文字が入力できないと思ったことはありませんか?

Androidスマートフォンでは、標準で入っている文字入力システムとは違うシステムを利用することができます。ATOK for Androidは、パソコンで一番多く使われている文字入力アプリのスマートフォン版です。

ATOK for Androidのよいところは、なんといっても賢いAI変換を搭載しているところです。入力した品詞ごとに適切な変換をしてくれるので、文章に沿った入力が素早くできます。
賢いAI変換を搭載

賢いAI変換を搭載


また、スマートフォン用に「ケータイ入力」「フリック入力」、ワンストロークで最短入力できる「ジェスチャー入力」の3つが用意されていますので、好きな入力方法を選んで使うことができます。
様々な入力を選択可能

さまざまな入力方法を選択可能


メールで便利な絵文字・顔文字・記号に加え、入力方法を拡張できるマッシュルームアプリにも対応。Androidマーケットで公開されているマッシュルームアプリを入れれば、音声入力や郵便番号入力など、さまざまな入力ができるようになります。


大人気の歴史シミュレーションゲーム
「三國志2」


大人気の歴史シュミレーション三國志II

大人気の歴史シュミレーション三國志2(auスマートパス非登録だと1300円)


本格的な移植ゲームは大抵が有料です。時間つぶしには無料のカジュアルゲームも楽しいですが、やっぱりゲームをじっくりやりこみたいという人には有料版がおすすめ。しかし、たくさんゲームをプレイするには、やはり価格がネック。その点、auスマートパスなら、いくつ有料ゲームをダウンロードしても月額390円。おサイフに優しく、思う存分ゲームを楽しめます。

auスマートパスの中でも、特におすすめしたいのが、大人も楽しめる大人気の歴史シュミレーションが「三國志2」です。この三國志2は、歴史シミュレーションゲーム「三國志」シリーズ不朽の名作「三國志2」をAndroid 向けにリニューアルしたもの。プレイヤーは、曹操、劉備、孫権など三国志の英雄となって天下統一を目指しましょう。
三国志の英雄となって天下統一を目指そう

三国志の英雄となって天下統一を目指そう



auスマートパス会員だけが遊べる!
「モンスターハンター Dynamic Hunting」


モンスターハンター Dynamic Huntingもプレイできる

会員限定の「モンスターハンター Dynamic Hunting」もプレイできる(auスマートパス会員限定)


ゲーム好きなら知らない人はいないと言っても過言ではないほど有名なモンハンこと、モンスターハンターもauスマートパスでプレイできます。しかもauスマートパス会員限定バージョンです。

プレイヤーは「ハンター」となり、1対1でモンスターを狩る。攻撃をタイミング良く避けながら攻撃を当ててモンスターをハンティングしましょう。フリック主体のシンプル操作なので、スマートフォンでもモンスターと思う存分バトルできます。
プレイヤーは「ハンター」となり、1対1でモンスターを狩る

プレイヤーは「ハンター」となり、1対1でモンスターを狩る


また、クエスト方式なので、空いてる時間にちょっよモンハンなんてこともできるのが、スマートフォンならではですね。
クエスト方式なので空いてる時間にちょっよモンハン

空いている時間を使って楽しめるように工夫されている


次のページでは、10GBまでのストレージサービスが使えるau Cloudを紹介します。