BE A GOOD NEIGHBOR coffee kiosk(千駄ヶ谷)

BE A GOOD NEIGHBOR

 

アメリカ西海岸を中心に盛りあがる第三の波(サードウェイブ)コーヒー。90年代までの第二波は、高品質のコーヒーを提唱する小さな独立系ロースターが成功をおさめ、グローバル企業へと成長していく歩みだった。

2000年代の第三波は、再びローカルの小さなロースター兼コーヒーショップが主役となってスペシャルティコーヒーを推進。おもしろいことに、彼らは日本の喫茶店が70年代に極めたハンドドリップを採用するようになった。進化の階段は螺旋状?

そんな第三波の影響下で、東京にも居心地重視型のカフェとは異なるコーヒースタンドが出現している。おいしいコーヒーとなじみの笑顔で、毎日をちょっと愉快に。コーヒースタンドが街角にもたらす素敵なことの数々。

新しい一日はここから。コーヒーキオスクの先駆者。 

カプチーノ380円、ドリップコーヒー280円、マフィン150円

カプチーノ380円、ドリップコーヒー280円、マフィン150円

ランドスケープ・プロダクツが手がける小さくて気持ちのいい立ち飲み&テイクアウトスタンドは2010年3月にオープン。鹿児島のスペシャルティコーヒー専門店「ヴォアラ珈琲」の豆とシネッソのエスプレッソマシンを使用してつくられる一杯をテイクアウトして、機嫌よく仕事場に向かう人々が増えている。

コーヒーの抽出法は、フレンチプレスとハンドドリップの二種類。ドリッパーはヴォアラ珈琲と鹿児島のセラミックメーカーが共同開発したオリジナルの一つ穴。

気さく、かつ謙虚な応対が魅力のバリスタ梶原正裕さんと「今日は寒いですね」というひとことを交わすだけで、戻っていく街角がちょっと暖かく感じられる。こんな一軒が近所にあるひとは幸運だと思う。

BE A GOOD NEIGHBOR coffee kiosk
(ビー・ア・グッド・ネイバー・コーヒーキオスク)
【住所】東京都渋谷区千駄ヶ谷3-51-6
【TEL】03-5770-3195
【OPEN】平日 8:30~18:00、土祝11:30~17:00
【CLOSE】日
【MAP】Yahoo!地図情報

周辺のカフェ情報

Biblioteque(ビブリオテック)
メトロ「北参道」駅近くに、デザイン会社が6千冊におよぶ蔵書を開放した美しいブックカフェが誕生。これだけのヴィジュアルブックを所蔵する「コーヒー付きの図書室」はまたとありません。

同じく注目のコーヒースタンドであるTHE COFFEESHOPの情報はこちらでどうぞ。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。