日本とブータンの時差

日本とブータンの間には3時間の時差があります。 ブータンに着陸したら時計を3時間戻して下さい。たとえば、日本時間の午後21時は香港時間の午後18時です。サマータイムの設定はありません。

ブータンの気候と旅のベストシーズン

ブータンの緯度は北緯26度と沖縄と同程度ですが、各都市の標高が1000mから3000mと高度にあるために、気候としては日本の軽井沢や富士五湖周辺と似たような気温です。例えば首都ティンプーでは冬の最低気温は氷点下2度程度で、夏の最高気温は25度程度になります。南アジアに特徴的なモンスーンによる雨季もあり、6月から9月にかけて雨が降ります。それ以外の季節は乾季となっており旅行もしやすくなっています。

ブータンの春

ブータンの春

どの気候もそれぞれの自然の姿を見られるためにお勧めですが、まずは雨を避けたいようであれば、10月から4月をお勧めいたします。また、草花、樹木、高山植物等の自然に興味がありましたら春や秋を、ヒマラヤの眺望をご覧いただきたい場合は空気が澄んでいる冬をお勧めします。このように季節ごとにそれぞれメリットがありますので、ご興味に応じて旅行を計画いただければと思います。

ブータンの通貨

ブータンの通貨はヌルタムNu(Ngultrum)とチェトラムCh(Chetrum)で、1Nuは100Chです。為替としては1Nuは約1.5円(2012年2月現在)になっています。ヌルタムへの両替は空港にある銀行の窓口や、各ホテルのフロントでできます。ブータン国内ではクレジットカードのシステムが普及していないため、使用できません。ただブータンでは公定料金の制度があるため、旅行者がお金を使うのは個人的なお土産を買ったり、お酒を飲む場合等に限られてきます。