2011年に発表となった、カルティエのレディスウォッチ、「デリス ドゥ カルティエ」。時計名の「デリス(Delices)」とは、フランス語で“歓喜”や“喜び”を表す言葉。その名にふさわしく、デリス ドゥ カルティエは、女性がこよなく愛する魅惑的なスイーツを彷彿させるコレクションとして誕生しました。

まるで一粒のキャンディのような、思わず心弾んでしまうフォルムは、どこまでも曲線を用いた柔らかなイメージ。キャンディを包むリボンのように、ケースの両端をねじったアシンメトリーなデザインは、カルティエが腕時計製作の草創期から得意としてきた独創的なスタイルでもあります。
デリス ドゥ カルティエ

「デリス ドゥ カルティエ」SM クォーツ、PGケース×トワル プロッセ ストラップ、ダイヤモンド、199万9200円 ©Cartier


ダイヤモンドで縁どられたケースの流麗なライン、ダイヤルを取り巻くようにデフォルメされたローマンインデックス――デリス ドゥ カルティエは女性らしい、柔らかな曲線を活かした時計です。しかし丸くすることで全体の印象が重くならないようにベゼル側面のラインを平面で構成するなど、柔らかなデザインの中にシャープな印象をもたらす工夫が施されています。やさしい曲線のなかに隠された、ほんの少しのスパイス――カルティエのテクニックを感じさせる秀逸なデザインスタイルは、ただ甘いだけではなく人生の深みを追い求める、大人の女性にこそふさわしい時計を生み出しました。

■問い合わせ
カルティエ カスタマー サービスセンター
TEL:0120-301-757
http://www.cartier.jp/

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。