普遍的なラウンドデザインの時計――それがこの「バロン ブルー ドゥ カルティエ」です。代表作「タンク」に見られるよう、カルティエは懐中時計の流れからラウンドが中心であった時計の世界に、角形フォルムをいち早く取り入れ、進化させてきたメゾンでもあります。このバロン ブルー ドゥ カルティエにおいては反対に、曲線の美学を追求することで、新たなラウンドウォッチのスタイルを提唱しました。

“バロン ブルー(青い風船)”の名が示すよう、リュウズには青く光るカボションがあしらわれ、ケースや凸型レンズ、そしてリュウズガードにいたるまで重層的な円の世界が繰り広げられています。風船のようにふくらみを帯びたケースも装着感がよく、カルティエのアイコンである剣型のブルースティールの端正なラインが美しさを一層際立たせています。
バロン ブルー ドゥ カルティエ

「バロン ブルー ドゥ カルティエ」SM クォーツ、PGケース&ブレスレット、ダイヤモンド、202万200円 ©Cartier


いまやカルティエの顔となったこのコレクションの誕生は、2007年。カルティエが得意とするクラシカルなテイストの中に、近未来を思わせるディテールを盛り込んだ個性的な時計は多くの人の目を奪い、今やカルティエにおける代表作のひとつとなりました。カルティエ スタイルを物語るローマンインデックスをあしらったベーシックなモデルのほか、レディスウォッチにおいては写真のように、インデックスにダイヤモンドを配したモデルも人気のひとつです。直径28.6ミリという小ぶりなサイズも、バロン ブルー特有のふくらみとともに手首をより女性らしく、個性的に彩ってくれることでしょう。

■問い合わせ
カルティエ カスタマー サービスセンター
TEL:0120-301-757
http://www.cartier.jp/


【新サービス事前登録のご案内】
あなたの「経験談」を、誰かの役に立ててみませんか?

オールアバウトは今後、「経験談」を売り買いするプラットフォーム「エクシェア」を開設予定です。「夫が不倫→離婚してシングルマザーになった」「実家の空き家を整理した」「自宅をスマートホーム化した」「妻と死別してお一人様になった」「家族で地方に移住した」など、あなたの体験談を登録してみませんか?

あなたの経験が、きっと誰かのチカラになります。副業としても、ぜひお気軽にご参加ください!
登録はこちらから

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。