給与振込日からすぐに引き落とし日を指定

自動積立定期預金DATA

 

自動積立定期預金とは、あらかじめ積立日を決めて、口座から自動引き落としで一定額を積み立てていく商品。銀行やゆうちょ銀行、信用金庫などで利用できます。

勤務先に財形貯蓄がない人は、銀行の自動積立定期預金を活用するといいでしょう。給与振込口座で申し込み、給与振込日の翌日に引き落とされるように設定しておけば、使い込んでしまう心配もなく、財形貯蓄と同じ感覚で貯められます。

積立額は1000円以上、1万円以上などが一般的。中途解約はいつでも可能ですが、中途解約利率が適用されてしまいます。

こちらも財形貯蓄と同様にボーナス時の積立金額の増額が可能です。途中から積立額を増やすこともできるので、まずは少額からはじめて、家計に余裕が出てきたら徐々に金額を増やしてもいいでしょう。

金利にこだわるならネット銀行の積立定期の活用も

藤川さんは「給与振込口座に指定しやすい大手銀行は金利が低いというデメリットもあります。金利にこだわるならソニー銀行の利用がオススメ」とアドバイスします。

ソニー銀行はネット専業銀行で唯一、自動積立定期預金を扱っています。積立額も月1000円以上とはじめやすい金額設定になっています。

給与振込口座をソニー銀行に指定すれば、毎月自動的に大手銀行より高い金利で積立ができます。ただし、勤務先によっては給与振込口座に指定できないこともあります。その場合は、ローソン、セブン銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行など、ソニー銀行の提携先ATMを利用すれば、無料でソニー銀行の口座へ預け入れが可能です。毎月入金するか、まとまった金額を入金しておくなどの方法があります。

もし、毎月ATMから手動で預け入れるのが面倒だという人は、振込手数料が無料になる銀行を給与振込口座にしておき、毎月ネット上でソニー銀行へ振り込みを行う方法もあります(一部ネット銀行のほか大手銀行でも一定条件をクリアすれば振込手数料が無料になるサービスを行っているところがある)。

なお、自動積立は窓口での手続きが一般的で、ネット上でできる金融機関は少ないもの。下の商品ならネット上で手続きが可能です。
自動積立定期預金の例

 

次のページは、金利UPでオススメ度No.1の「個人向け国債 変動10」です。

取材・文/滝田知歩 監修/藤川太(ファイナンシャル・プランナー)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。