インテリア関係の国際見本市というと、イタリアの“ミラノ・サローネ”、フランスの“メゾン・エ・オブジェ”とともに、ドイツで開催される“アンビエンテ”が有名です。これらは、インテリア好きの方ならご存じの方が多いでしょう。アンビエンテの開催月は2月ですが、夏にも展示会があり、こちらは“テンデンス”と言います。

テンデンスに見るヨーロッパ最新インテリアundefined前編

ライフスタイルを提案する国際見本市Tendence(テンデンス)には、ヨーロッパを中心に、世界各国の洗練されたインテリアアイテムが集結。某有名ショップのバイヤーさんは毎年チェックを欠かさず、常に最新のインテリアを提案しているそうです。2011年は8月26日から30日までの開催でした。テンデンスで気になったインテリアを、トレンド情報も含めてご紹介します!


テンデンスはアンビエンテに比べるとやや規模が小さく、日本ではあまり知られていないのですが、インテリアを提案する力はとても高い展示会です。テンデンスの開催月は8月で、クリスマスを控え自宅のインテリアに対する関心が最も高まるシーズン、ということが関係しているかもしれません。いち早く素敵なアイテムを見つけたいバイヤー、トレンドに敏感なプレス関係者が多数訪れるビッグイベントです。

そもそも欧米では、インテリアを整えることが、その家の知性・個性を表すことに直結すると聞いたことがあります。そのためでしょう、快適な暮らしを演出することにこだわったデザインが多く見られました。「テンデンス」で見たヨーロッパの最新インテリアを、2回に分けてご紹介します。

<INDEX>
●テンデンスの見どころ(2ページ)
●ちょっとゴージャスな邸宅系コーディネート(2ページ)
●クラス感のあるコーディネートをつくるには?(3ページ)
●モダンテイストのメタリック使い(3ページ)
●アートを取り入れて知性あるインテリアに(4ページ)
●ヨーロッパで人気のエスニック(4ページ)