加入時期で控除額の計算の仕方が異なる

平成24年から、新旧2つの制度が同時進行となる

平成24年から、新旧2つの制度が同時進行となる

平成24年からは、新しい制度とこれまでの制度の2本立てになり、加入時期によって控除額の計算の仕方が異なることになります。考えられるパターンは下記の3つです。

1. 平成23年12月31日までに加入した保険の場合(旧契約)
これまでの制度が適用されるので、前ページの旧契約の計算式で計算した控除額。所得税は最高5万円・住民税は最高3万5000円です。

2. 平成24年1月1日以降に加入した保険の場合(新契約)
新しい制度が適用され、前ページの新契約の計算式で計算した控除額。所得税は最高4万円・住民税は最高2万8000円。

3. 旧契約と新契約の両方に加入している場合(新旧混合) 
旧契約、新契約それぞれで控除額を計算しますが、控除額は合計して所得税は最高4万円・住民税は最高2万8000円となります。

なお、所得税は平成24年1月から、住民税は平成25年度から適用されます。これは、所得税と住民税では課税時期が異なることによります。つまり、所得税はその年の所得を対象とし、住民税は前年分の所得を対象としているからです。ですから、実際の保険料控除の手続きは平成24年末の年末調整か、平成25年の確定申告で行うことになります。住民税に関する手続きは必要ありません。

【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。