「パパ育て上手」は「褒め上手」

パパと赤ちゃん

イクメンへの道は、急がば回れ

子育てをラクにするお役立ちグッズはたくさんありますが、「パパロボット」ほど便利な子育てサポートグッズ(失礼!)はありません。パパを上手にイクメンに育て使いこなすことは、今や賢いママのマストスキルといえるでしょう。

ただし、パパは最初から何でも上手にできちゃうわけではありません。たどたどしい手つきを見ていると、「自分がやったほうが早い!」なんてもどかしくなってくるかもしれませんが、そこで「もっとテキパキおむつ換えてよ!」とか「早く寝かしつけてよ!」などと、いちいちダメ出しをしてしまってはいけません。パパとしての自信を失い、せっかくONになったパパスイッチがまたOFFになってしまいます。

ご面倒をおかけしますが、おむつ替え、ねんねなど、一つひとつのプログラムをインストールしていかなければならないのです。

そのためには、下手なところをけなすより、たまたまうまくできたところを褒めてあげるほうが得策です。ある程度の自己流も認めてあげましょう。

これって子育てと全く同じです。子育ての予行練習だと思って、パパ育てにもチャレンジしてみてください。

「パパ育て上手」は「甘え上手」

夫婦

責めるのは逆効果。上手に甘えるのが効果的

そうはいっても、仕事が忙しくなったり、お疲れ気味だったりで、パパロボットが期待通りの働きをしてくれないこともあるでしょう。そんなときにイヤミを込めてパパを責めるようなことを言ってしまっては、パパのやる気をますますそいでしまいます。

「大変なのもわかるけど、もうちょっと頑張ってほしいな」というときは、「責める」よりも「甘える」ほうが効果が期待できます。「これをやってくれたらすごく助かるんだけどな」などと、お願いしちゃうのです。
ここぞ、結婚して以来長年温存してきた(?)「女子力」の見せどころです。

「私がご飯を作っている間に、そこにある洗濯物をたたんでおいてもらえると助かるな。協力して早く家事を終えて、晩酌でもしましょうよ」などとニンジンをぶら下げるのもいいでしょう。「やる気はあるけど、何をしていいのかわからない」という新米パパにも、同様の方法が有効です。

「何をすべきか自分で考えなさい!」なんて突き放した言い方をするママもいるようですが、よほどマゾ気質なパパでなければ、そんな言い方をされて奮起するはずもありません。

上手に甘えるふりをしつつ、何をすべきか明確に指示を与えてあげるのが賢いママ。そうするうちに、パパ自身、段々とすべきことがわかってくるものです。子育てもパパ育ても「急がば回れ」なのです。


>> チビタス「夫を育児に巻き込むコツ」特集へ





■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。