震災後の岩手、南部美人を訪ねる

二戸駅

二戸駅。ひなびた東北の風景の中に近代的な建物。少々驚く

岩手県二戸市。
近代的な新幹線の駅に驚くが、駅前のバスターミナルでは、のんびりと井戸端会議をするおばあちゃんたち。なにを話しているのかほとんど理解できないけれど、ああ、東北に来たんだと実感し、うれしくなる。

二戸市は人口約3万人。岩手県内陸北端に位置し、北上山地や奥羽山脈と、折爪馬仙峡県立自然公園、金田一温泉など豊かな自然に恵まれた山間の町だ。新幹線の駅から車で南部美人のお蔵がある市の中心部に向かう。東北のひなびた町をイメージしていたが、思いのほか大きく活気があることにまた驚く。きれいな駅や町並みを見ていると、先の震災の影響はほとんど見当たらない。遠くに見えた酒蔵の目印である煙突が近づいてきた。蔵に到着だ。

真夏にも続く仕込み、なぜ?

販売店

通りに面した南部美人の販売店。入りやすい雰囲気

いつもの明るくチャーミングな笑顔で迎えてくれる5代目蔵元久慈浩介さん。うかがったのは7月中旬で、北国にも暑い夏の太陽がジリリと照りつける。通常ならこの時期、酒造りは行われていない。なのに、蔵の中ではいくつかのタンクに発酵途中のもろみが入っている。

 

湧き水

やはり通りに面したエントランスにある湧き水。だれもが飲める。清らかな水だ

なぜ?と5代目に聞けば、
「震災後、電気が通らず仕込みができなくなったため、予定が延びて今もまだ続いているんです。瓶詰も本火入れも燃料不足でできなかったし。節約のため蒸しの時間を短縮したりして工夫したんですよ」とおっしゃる。

 

煙突

蔵の奥には酒蔵の目印である煙突がそびえる

9月からはすぐに新しい仕込みが始まる。休む暇はないという。震災時、スタッフはわが被災を省みず「麹や酒母を捨てないで、今あるもろみを何とか酒にしなければ」という責任感で働き続けていたとか。

 

 しなやかでたおやかな「南部美人」と革新の酒「All Koji」

もろみタンク

7月なのに、蔵の中ではもろみが発酵中。これも震災の影響であった

南部美人の創業は明治35年。南部美人のブランドはきれいな酒質をイメージすることから昭和26年より使われてきた。この名前を冠した酒は、名前のイメージどおり、清らかで透明感があり、しなやかでたおやかな女性をイメージさせる味わいで全国区の人気を誇るもの。

また、5代目が生み出したヴィンテージ入りの「All Koji」は、普通、全体米の2割程度を麹にするのに対し、10割すべてを麹にして酒を醸す、全麹仕込みの日本酒。熟成させても美味しいということで、2004年のヴィンテージから揃っている。

 

All Koji

2004年のAll Koji。年毎に味わいが違う。飲み比べも贅沢

北国らしい清らかな酒と新しいコンセプトで生まれた革新の酒(本当は伝統の技法だけど)を併せ持つのが、南部美人の現在の姿だ。