コンサバマーケットを狙った、オーソドックスなスタイル

シトロエンC4

7年ぶりにモデルチェンジを受けた5ドアハッチバックモデル。国内ではベーシックなセダクション(256万円)とパノラミックガラスルーフを備えたセダクション パノラミックガラスルーフパッケージ(273万円)、上級モデルのエクスクルーシブ(299万円)をラインナップする。なお、エクスクルーシブにはガラスルーフが標準となる

C4は、C3とならんでシトロエンの屋台骨ともいえるモデルで、いわゆる欧州Cセグメント向けのコンパクトカーだ。とにかく先代のデビューは衝撃的で、そのイメージは未だ鮮やかに残っている。デザイン性のユニークさもさることながら、見栄え質感も“これがフランス車?!”と驚くほどに向上していたうえに、フランス車らしくありながらもドイツ車のようにしっかり走ってくれたものだから、皆驚かされたものだった。

けれども、今回フルモデルチェンジした新型C4のデビューは比較的、ひっそりとしていたようだし、見た目の派手さも以前ほどはない。本当にフルモデルチェンジしたの? と確かめずにはいられなかったほど。

おそらく、これには最近のシトロエンのシリーズ戦略が影響しているのだと思う。先に全面改良をうけたC3&DS3と同じく、C4にもDS4という派生スペシャリティモデル(クロスオーバータイプ)が存在する。そちらが派手に目立ってしまうぶん、ベースモデルは直球勝負で激戦のCセグマーケットへ切り込もう、というハラに違いない。

日本仕様として用意されたのは、1.6リッターの自然吸気エンジン+4ATを積むセダクション系が2グレード、そして直噴1.6リッターターボ+6段セミAT(2ペダルMT)を積むエクスクルーシブの、計3グレードだ。
シトロエンC4

ボディサイズは全長4330mm×全幅1790mm×全高1490mm。旧型より全長35mm、全幅15mm、全高10mm大きくなっている

試乗したのは最上級のエクスクルーシブだった。やっぱり実物を見ても、大人しくなった印象を拭えない。顔つきこそ派手だけれども、ぜんたいのフォルムは平凡で、言ってみればCセグメントの標準スタイル。丸い馬車のような雰囲気だった旧型が、ちょっと懐かしい。

エッジの利いたサイドキャラクターラインやそれに続くリアランプなど、ディテールには凝っているけれど、なぜか見た目の印象が大人しい。旧型に比べると、それだけ印象に残りにくいのは確かで、コンサバなマーケットを狙ったことは一目瞭然だ。

インテリアに至っては、さらに常識的で真面目な雰囲気になった。旧型の、たとえばセンターフィクスドステアリングホイールなど、ぶっ飛んだインテリアとはまるで違う、オーソドックスなコンセプトである。

それでも、見栄え質感がかなり上がっている点が目を引く。そういう意味では、クリーンなデザイン性や様々なマテリアルの配し方など、プレミアムコンパクト級レベルに仕上がったと言っていい。
シトロエンC4

ダッシュボードにはやわらかな感触の新素材(スラッシュスキン)を採用。メーターパネルの表示光はホワイトからブルーまで5段階に、アラーム音と作動音を4段階に変更できる