次期レクサス顔はアウディを意識?

レクサスGS

2世代目はフロントグリルのデザインを大幅に変更。このモチーフが、今後のレクサスフェイスの方向性を示すという


次期型レクサスGSがアメリカで先行発表された。御存知の通り日本におけるレクサスの歴史は現行GSから始まったのだけれど、どんなに甘く評価しても成功作と言えなかったように思う。アメリカで最初のレクサスである初代セルシオが大ヒットしたのと対照的である。2世代目にして人気車となるか?

まず写真を見ていただきたい。ベンツやBMWといったプレミアムカーの多くが、誰でも「センス良いですね」と感じるトラッドなデザインを採用しているものの、新興勢力であるアウディは『シングルフレームグリル』と呼ばれる大型グリルを採用。強い個性を持たせてきた。

トヨタの首脳陣も「じゃアウディ路線で行け!」と判断したのだろう。次期型GSを見ると『スピンドルグリル』と呼ばれるアウディと全く同じコンセプトのフロントデザインを採用してきた。ちなみに初代セルシオはベンツ風のデザインを持つ。ここらでイメチェンしたかったのだろう。

GSらしいデザインだが……

レクサスGS

“次世代レクサスの先駆モデル”として発表された次期GSだが、サイドビューは現行モデルのエッセンスを色濃く残す


ボディ側面のイメージは現行モデルを強く意識しており「GSらしいか?」と聞かれれば「そうですね」。ただ現行GSに側面デザインが優れている評価も無いため、なぜ似たデザインにしたのか不明。いろんな意味で次期型GSの評価は大きく別れると思う。ただメディアの場合ホメればOK。

というか新型車を「カッコ悪い」と評価する方が難しい。おそらく同業者は「新しさを感じる」とか「意欲作である」などと言葉を濁すに違いない。あくまで個人的な意見になるけれど、もう少しトラッドな「美しさ」を目指して欲しかった。少なくとも日本で受け入れられるデザインじゃないと思う。