手土産ランキング
 

話題になる手土産ランキング

ホームパーティに呼ばれたとき、お世話になった方へ挨拶に伺うとき……、悩ましいのが「手土産」。手軽に買えて、気が利いていると思われる手土産を、All Aboutガイドが厳選してご紹介します。手土産の印象をさらにアップさせる、渡し方のコツもぜひチェックしてみてください。

 
最近の動向をチェック
    手土産のマンネリ化を防ぐ方法とは?
    手土産は、洋菓子と酒類が人気

    手土産は、洋菓子と酒類が人気(読者アンケートより)

    簡単なようで意外に難しいのが、「手土産」。誰からも喜ばれて、他の人ともかぶらない、ちょっと気が利いたものは……と考えれば考えるほど、何を買ったらよいかわからなくなるもの。

    そこで、暮らしのAll Aboutが緊急アンケート。読者に「もらって嬉しい手土産」を聞いたところ、一番多かったのは「洋菓子」でした。男女、年齢を問わず気軽に食べられるのが要因でしょうか。

    さらに、おすすめの手土産を聞いてみると、モンシュシュの「堂島ロール」(20代女性、50代男性)、小川軒の「レイズン・ウィッチ」(40代女性)など、デパート等の催事場で時々見かけるお菓子の他、鎌倉しふぉんの「シフォンケーキ」や、まほろば大仏プリン本舗の「大仏プリン」など、ご当地お菓子を推薦する声もありました。確かに、普段買う機会のないお菓子は、もらうと嬉しいですよね。


    手土産を選ぶ大切なポイントとは?

    とは言え、そんなお菓子を買う場所も時間もないという方もいることでしょう。ご安心ください、案外身近で手に入るかもしれません。例えば、グルメライターとしても活躍する「簡単グルメレシピ」ガイドの浅妻さんは、あえて老舗の定番以外のお菓子を選ぶこともあるそう。それだけで、「こんなものも売っているのね。今度私も買ってみよう」と話しが弾むことでしょう。「お祝い」ガイドの冨田さんも、出来上がる工程の薀蓄が語れるかどうかで、手土産を選ぶと言います。つまり、話題性や希少性よりも前に、手土産について自分なりのエピソードを語れるかどうかが、選ぶ際に一番大切なことと言えるでしょう。

    さらに、「暮らしの歳時記」ガイドの三浦さんは、品物に限らず、渡し方にも気持ちが表れると指摘します。紙袋に入れたまま渡すのではなく、一言添えたり、受け取りやすいように気配りすることで、その手土産はいっそう贈った相手の印象に残ることでしょう。

    今回は、そんなエピソードがいっぱい詰まった手土産を浅妻さんと冨田さんが、渡し方のマナーを、三浦さんが厳選してランキング形式でお届けします。

    詳しい情報をチェック!

    老舗の隠れた逸品手土産・ベスト5
    老舗の隠れた逸品手土産・ベスト5 >>
    マンネリを避けて、新しい店を発掘するのもいいけれど、まずは、よく知るあの名店を見直してみませんか。意外なお菓子が隠れていたりすることも。ならば活用しない手はありません。(簡単グルメレシピガイド:浅妻千映子)


    3000円以下!軽食・つまみの手土産・ベスト5
    3000円以下!軽食・つまみの手土産・ベスト5 >>
    絶対に喜ばれること間違いなしの人気の手土産ランキング。5位から1位まで、堂々5品のご紹介。どれもが、誰かにとっては1位に違いない魅力の味ばかりを選び揃え、特徴と購入先を端的にまとめています。(お祝いガイド:冨田 いずみ)


    印象に残る手土産の渡し方・ベスト5
    印象に残る手土産の渡し方・ベスト5 >>
    お土産は気持ちを表すコミュニケーションツール。渡し方にも気持ちが表れるので、上手に渡したいものです。そこで、印象に残る手土産の渡し方・ベスト5をご紹介。ちょっとした気配りで、あなたの印象も変わります。(暮らしの歳時記ガイド:三浦 康子)

    ■次回のアンケートはこちら⇒ 暮らしのAll About アンケート

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。