アイフルホーム「ネット住宅(700万円台~)」裏側

第二回目に登場するのは、住宅フランチャイズ大手・LIXIL住宅研究所(旧・トステム住宅研究所)のアイフルホーム。トステムとINAXのLIXILグループの事業会社として1984年に住宅業界でいち早くFCシステムを導入。直接責任施工を行う全国の地元加盟工務店(約170社、2011年2月現在)を傘下に、住宅の部位・職種ごとの協力業者と施工して加盟店が一元管理することにより、中間マージンをカットできるシステムとしています。

外観

アイフルホームのネット販売専用住宅「i-Prime7」外観(写真提供協力:アイフルホーム)

今回注目するのは、2010年10月に全国販売され、月々5万円台の返済で15年完済が可能というネット販売専用住宅「i-Prime7」(2階建てプラン、建物本体価格税込700万円台~)。WEBサイト「web housing」で登録すれば、キャラクターナビゲーションによるHP上商談システムで「プラン・仕様・色」「3Dシミュレーション確認」「土地」「資金計画」「スケジュール」まで自身でプランを策定できるというものです。

加盟工務店に万一のことがあってもしっかり引き継ぐ「完成引渡保証」や、地震により万一全壊した場合に建替え費用を一部負担する「耐震補償」といった独自の安住アシストシステムのほか、次世代省エネ基準対応、住宅エコポイント対応などの性能・構造スペックを保ちながら、知りたいのは「なぜ700万円台~が可能になるのか」ということ。

言い換えれば、その理由がしっかり理解できたうえで、これだけの性能がある住宅というのならば、コストパフォーマンスの高い住宅ということもできる。…ということで「700万円台を実現できた7つの理由」を訪問取材し詳細に聞いてきました。

理由1.プラン限定による規格統一

内観

「i-Prime7」のコンパクトな間取り例。プラン限定により部材や工程も効率化できる

間取りを限定することにより、プランニングから部材・建材の発注を絞ることができ、発注・設計・積算業務も効率化できる。

部材・建材の集約発注は一括仕入れのメリットにもつながる。

理由2.シンプルプラン

ムダを省き、シンプルモダンな外観デザインや内装デザインにすることで、デザイン費やインテリアコーディネート費を抑えることができ、外周がスクエアであれば施工性も効率アップする。

理由3.資材大量一括仕入れ

住宅フランチャイズならではの全国の資材・部材を大量一括仕入れすることで単価を抑え、コストメリットが出やすくなる。従来の物流などのムダを省き、総建築費の1/3を占める建築資材の大幅コストダウンが可能に。

以上は同社に限らず、プレハブメーカーをはじめ、業界全体のコストダウンの共通傾向ではあるが、次ページではさらに同社ならではの3つの理由を紹介。