金価格の上昇に伴い、金への投資に人気が集まっています。現物がある金を購入しようと考えた時に、あらかじめどの位の期間保有しようと考えている人は少ないかもしれません。

しかし保有期間によっては、売却益等をお得に受取ることが可能です。税金と消費税の面からその仕組みを紹介します。


金地金を5年超で保有すると税金がお得

画像

人気を集める金投資。あらかじめ保有期間を考えておきませんか?

金地金等を売買して売却益が出た場合は原則、譲渡所得という扱いになり、給料等他の所得と合わせて総合課税の対象となります。この譲渡所得の求め方は、売却までの保有期間によって異なります。

●保有期間が5年未満(期期)の所得金額
譲渡価格(売却価格)-取得費・譲渡費用(購入価格+手数料)-特別控除額50万円

●保有期間が5年超(長期)の所得金額
{譲渡価格(売却価格)-取得費・譲渡費用(購入価格+手数料)-特別控除額(50万円)}×1/2

上記の通り、5年を超えて保有した場合は、短期で求めた所得金額の2分の1に課税される仕組みになっており、税金を半分に減らすことができるのです。金投資の税金について詳しくは「金の購入・売却の時にかかる税金はどうなっている?」を参照して下さい。


消費税アップで売却後の受取額が増える?

最近は、復興財源の確保や財政再建の手段として、2010年代半ばまでに段階的に消費税率を10%まで引き上げる等といった話題が取り沙汰されていますが、金の売却については、消費税アップにより受取額がお得になります。

金地金等を売買する際、購入時に消費税を支払うことになりますが、売却する時には消費税を受け取ることになります。つまり、消費税率がそのままなら相殺されますが、数年後に消費税率がアップすれば、税率がアップした分だけ消費税を受け取れることになるのです。例えば、1グラム3,800円で500グラムの金地金にかかる消費税5%は9万5,000円ですが、10%では19万円になります。


これから金地金等を購入する場合、数年後に消費税率が引き上げられれば、税率のアップ分だけ消費税を受け取れる可能性が出てきます。そして、5年を超えて金地金等を保有すれば、譲渡所得を半分にできます。消費税率が引き上げられるかはまだわかりませんが、まずは5年超を目標に金を保有してみると良いでしょう。

ただし、金の価格は日々変動していますので、金の価格が値下がりすれば損失が発生することになります。金を購入するタイミングとしては、できるだけ価格の安い時を狙った方が良いでしょう。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。