おでかけ先や移動手段で持ち物を変える 

おでかけ

ちょっとした外出でもバッグはなぜかパンパンに

子連れでのおでかけは何かと荷物が多くなりがちですが、おでかけ先の設備や移動手段によって必要なものは変わってきます。デパートなど子連れに優しい施設では荷物も最低限で済みますが、公園や海に行くなら必要なものもいろいろ。旅行ともなればなおさらです。車での移動ならそれほど気にする必要はありませんが、電車や飛行機など公共交通手段を利用するなら、荷物はなるべくコンパクトにまとめるのがいいでしょう。

この記事ではおもに0~2歳、おむつが外れる前くらいの子どもとのおでかけを想定。必要な持ち物をまとめました。お子様の月齢・年齢によっては不要なものもあると思いますので、必要なものだけピックアップしてください。 

子連れでおでかけ持ち物リスト/ご近所・日帰り編 

おもちゃ

音の出ないおもちゃの他、ミニ絵本やシールブックも便利

日帰りのおでかけ荷物を減らすには、おでかけ先の施設を事前にチェックしておくのがポイントです。たとえば、デパートや大型スーパーのベビールームなどには、授乳室やオムツ交換台などの設備が整っており、授乳ケープやおむつ交換用シートなどは不要。ミルク調乳用のお湯も多くの店が用意しています。
 
<これだけは忘れずに>
  • おむつ・おしりふき……必要な枚数より多めに
  • ビニール袋……使用済みおむつ、汚れた着替え用に数枚
  • 着替え……汗をかいたり、嘔吐や便が漏れることがあるので1~2組は必ず
  • ガーゼ、ミニタオル……何枚か用意
  • ミルク……哺乳瓶、粉ミルク、お湯
  • 飲み物……麦茶など。ストロー付きマグカップなど漏れない容器に入れて
  • ウェットティッシュ……おしりふきでも代用可
  • 母子手帳・健康保険証……急な発熱やケガに備えて
  • 抱っこ紐・スリング……あんよ前は何かと便利
  • おもちゃ……電車などでは音の出ないものを使用
<必要に応じて> 
  • 帽子……とくに夏は必携。冬は防寒対策にも
  • ベビーフード……レトルト、瓶入りなどタイプも豊富
  • 離乳食用スプーン・フォーク……用意のあるレストランも多い
  • 食事用エプロン……小さなうちは大きめのスタイで代用しても
  • お菓子……薄味のベビー用のものがオススメ
  • 授乳ケープ……授乳室がない場所で重宝
  • おむつ替えシート……おむつ交換台がない場所で使用
  • ベビーカー用レインカバー……雨の降りそうな日に 
  • 敷物……公園など屋外に行くなら、ハイハイ時期はあると便利
さらに夏場のおでかけ時は以下もチェックしましょう。
 
<夏のおでかけ>
  • 冷却グッズ……ベビーカー冷却シート、サマースカーフなど
  • 虫よけスプレー……虫さされ痕を掻き過ぎると、とびひなどの原因に
  • 日焼け止め……子ども用の低刺激のものを
  • ベビーカー用日よけカバー……コンパクトにたためるタイプも
  • 日傘……まだ抱っこメインの赤ちゃんの場合などスタイルに合わせて
  • 水着、サンダル……海やプールにいくときに
>>国内旅行編の持ち物リスト