ステップ1:頭金に充てられる額を計算しように続いて、ステップ2では無理のない住宅ローン返済額の考え方について解説します。

返済額

支出の変化を考慮する

住宅ローンの返済にお休みはありません。毎月の返済でストレスを感じないために、マイホームを取得した後、家計がどのように変化するのかを理解したうえで、返済額を決める必要があります。

無理のない返済額は

まず、今、住宅にかけている費用を年間ベースで把握しましょう。これは、次の2つに分けて考えることができます。
  • 今の住居費である家賃や駐車場代
  • マイホーム取得のためにしている積立額
注意点は、マイホーム取得のためにしている積立額に、取得後も積み立てたい金額まで加えないことです。例えば、今、年間50万円を積み立てているとして、そのうち年間30万円はマイホーム取得後も続けたいのであれば、加えられるのは20万円のみということになります。将来の見通しを立てて、他の資金とのバランスをとるようにしてください。

次に、マイホーム取得後、その維持管理にかかる費用を年間ベースで考えます。費目としては、次のものを考慮しましょう。
  • 固定資産税・都市計画税
  • マンション管理費・修繕積立金
  • 駐車場代
ここまできたら、次の式に当てはめることで、1年間で住宅ローン返済に充てられる額を出すことができます。

■住宅ローン返済額=今の住居費+マイホーム取得のためにしている積立額-取得後の維持管理費

これが今の生活レベルを基準とした無理ない住宅ローン返済額です。なお、今後、家計に余裕ができるという人であれば、返済額を増やしてもいいでしょうし、子どもの教育費などでこれから家計が厳しくなるというのであれば、返済額を減らしたほうが無難です。

無理ない「返済額」が計算できたところで、次は「金利」や「返済期間」についても考え、自分が借りてもいい住宅ローンの借入額の目安はいくらになるか確認しましょう。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。