雲上の箱根元宮(もとつみや)へ

ロープウェー

ロープウェーで7分間の空中散歩

そして最後に訪れたいのが、箱根園から駒ヶ岳ロープウェーで向かう、駒ヶ岳山頂の「箱根元宮」。北に霊峰・神山を仰ぐ駒ヶ岳は、古代祭祀が行なわれた山岳信仰の聖地。今から約2400年前、聖占仙人が神仙宮を開いたのが始まりと伝わります。鳥居脇には白馬に乗った神が降り立ったといわれる馬降石があります。好天時には富士山と芦ノ湖、相模湾、駿河湾と360度のパノラマが広がります。

 

拝殿

遥か彼方の山の上に佇む拝殿

前述の箱根神社は、奈良時代に万巻上人が駒ヶ岳に入峰し、霊夢を受けて箱根大権現として奉斎したのがきっかけで、芦ノ湖畔に里宮として造営されたものだそう。

 

拝殿1

神山を臨んで建つ拝殿

標高1357mの駒ヶ岳山頂は、まさに雲上を思わせる霊気を感じる場所。以前私が訪れた時は地上は快晴にも関わらず、山頂は霧が立ちこめ、一寸先も見えないような状態でした。霧のすき間からうっすらとのぞく拝殿がとても神秘的で、どこからか神が現れそうな雰囲気でした。

箱根元宮
・住所:箱根町元箱根138
・交通:駒ヶ岳山頂駅から徒歩10分
・参拝自由


いかがでしたか? それぞれに由縁がある、古来から箱根を守ってきた湖や山の神様を祀る三社を巡る旅。心静かに対峙すれば不思議と心身が浄化され、悩みや迷いも吹き飛んでしまうかも。少し疲れたときは、雄大な芦ノ湖と富士山を傍らに、ただ静かに鎮座する三社を巡り、パワーチャージしてみませんか?
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。