レンタルしてもいいベビー用品

ベビーカーと赤ちゃん

使うか使わないか迷ったら、買わずにまずはレンタルしてみるという手も

レンタルでもいいベビー用品というのは、基本的に、使う期間が少ないもの、買うと高いけれど使うかどうか分からないものの2種類になります。具体的には、以下のベビー用品はレンタルを検討してもよいでしょう。

■ベビーバス
生後1ヶ月間は確実に使いますが、それ以降は大人と同じお風呂に入れるため、たいていの人が最初の1ヶ月間しか使いません。またプラスティック製のベビーバスは、使い終わった後に収納に困るのも事実。親戚やお知り合いで持っている人がいるかもしれませんので、まずは、親戚やお知り合いに借りられるか聞いてみましょう。ベビー用品レンタルショップで扱っているものは、ほとんどがプラスティック製なので、シートタイプや、膨らませるタイプがいいという人で、身近に持っている人がいない場合は、購入することをおすすめします。

■セレモニードレス
お宮参りと、退院時に記念撮影をする方はその時と、2回しか使いません。特にデザイン等に思い入れがないということでしたら、こちらももし借りられるようなら借りても良いかも知れません。ただし、お子さんを2人以上作るご予定がある方で、安めのものであれば買った方がお得なことも。

■ベビースケール(体重計)
ちゃんと母乳が出ているか、赤ちゃんがどのくらい成長しているか、赤ちゃんの体重が気になるのは生後半年くらいまで。その後は使わなくなるので、レンタルで十分です。

■ドーナツクッション
会陰が切れた後の縫い合わせが痛いのは大体生後1ヶ月間。ドーナツクッションはレンタルショップでの扱いはあまりないので、これは身近な人から借りた方が良いと思います。

■搾乳機
電動か手動かは、その人の好みもありますし、使い心地が悪ければもったいないものになりますので、まずはレンタルで使い心地を確認して、ずっと使いそうなら購入を考えるのがベターでしょう。

■ハイロースイングラック、バウンサー
値段が高いので、実際に赤ちゃんが寝てくれるか、効果が気になって購入するかどうか迷う人も多いです。まずはレンタルで試してみるのが良いでしょう。

■ベビーベッド
これはガイド自身も経験しているのですが、赤ちゃんがベビーベッドで寝てくれず、大人のベッドで添い寝でしか寝ないということもあります。ベビーベッドを用意するか、床にベビー布団のみで寝かせるか悩んでいるという人、また、これ以上お子さんを作る予定もないという人は、まずはレンタルするのが良いでしょう。実家で1ヶ月だけレンタルするという人や、一戸建ての2階の寝室には購入したベッドを置き、普段過ごすリビングにはレンタルしたベビーベッドを置くという人もいます。

これ以外でも、使う期間が短いものに関しては、新品がいいというこだわりがなければ、借りて様子を見るのがコスト的にもお得と言えそうです。


>> 代表的なベビー用品レンタルショップ