サイズ以外の“らしさ”をもれなく落としこんだ

ミニクロスオーバー

4番目のモデルとして登場した、ミニとしては最も大きな4ドアモデル。サイズは全長4105mm×全幅1790mm、全高1550mm。ハッチバックと比べ全長380mm、全幅105mm、全高120mm大きい。日本ではワン(MT 265万円、AT 278万円)、クーパー(MT 299万円、AT 312万円)、クーパーS(MT 345万円、AT 358万円)、4WDモデルのクーパーS ALL4(MT 366万円、AT 379万円)をラインナップする

ミニクロスオーバー

アイドリングストップ機構(エンジン・オートマチック・スタート・ストップ機能)をMTモデルに標準化。ブレーキエネルギー回生システム(マイクロ・ハイブリッド・テクノロジー)はMTモデルとクーパーSのATモデルに備えた

4ドアだったらミニ買ったのに、という人は本来ミニを買っちゃいけないと思うのだが、それはともかく……。マーケットからの強い要望に応えたのだろう、ファミリーユースにも堪えうるミニとして誕生したのがクロスオーバーだ。もっともこの呼び方は日本だけで、本名はカントリーマン。これもまた“昔の名前”なのだが、日本では商標登録の関係でうまくいかなかったらしい。それにしたって、クロスオーバーなんて芸のない名前を選ばなくても……。

車格的には、ミニのひとつ上、欧州車でいえばVWゴルフあたりがライバルである。クロスオーバーというくらいだから、それっぽいわけだが、なるほどミニ初の4WDモデルも用意された。とはいえ、クロスカントリーではなく、シティ派の乗用モデルと割り切って考えたい。だから、クロスオーバーか。

ミニクロスオーバー

前席から後席まで伸びるセンターレールを採用した。これは必要な場所に小物入れやカップホルダーなどを配置できる装備だ。後席は独立式シートを標準とし、オプションとして3人仕様のベンチシートも用意される



 

ミニにしては随分とでかい。こんなのミニじゃない、という声も聞こえてきそうだけれど、大事なのはコンセプト。そういう意味では、ミニというクルマの、サイズ以外のらしさをもれなく落としこんだ。そのうえで、4シーターもしくは5シーターとして成立させている。内外装はミニワールド全開だ。

乗ってみると、これまたミニというよりフツウの乗用車っぽい。それもこのクラスにしてはあまりに上質。乗用車として申し分のないライドフィールをみせてくれる。

なるほど、これはミニの顔をしたファミリーカーである。くそまじめなドイツ車に乗っているよりも、ほがらかな家族に見えることは間違いない。そういう意味では、このクルマもまた、ミニらしいし、ミニらしさを失ってはいないのだろう。

ミニクロスオーバー

ワンには最高出力98psを発生する1.6リッターエンジンを、クーパーには最高出力122psの1.6リッターを、クーパーSは最高出力184psの1.6リッター直噴ツインスクロールターボを搭載

乗っている人たちが、何やら元気で明るい人たちにみえるこのクルマ。ちなみにオススメはFFのクーパーかワン。4WDよりも素直なフィーリングが、より乗用車っぽかった。クーパーSならば、逆にミニ風味の走りが少なからず味わえる。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。