アジアンスタイルは、アジアをイメージしたスタイル。いつも人気のあるインテリアスタイルです。今回は、アジアンスタイルのお手本となるようなコーディネート実例をご紹介します。これから、アジアンスタイルにトライしたい方、今のアジアンスタイルをちょっと変えてみたい方、是非参考にしてくださいね。

自然と共に アジアンスタイル 

アジアンスタイル

ざっくりとした質感のウォーターヒヤシンスをソファ、キャビネットやラグにもを使い、ナチュラル感たっぷりなインテリア(画像:クワイエットアワーズ)

アジアンスタイルは自然に囲まれたのんびりとした雰囲気を、日々の暮らしの中でも取り入れたい方に向くスタイルです。コーディネートでは自然素材を意識して取り入れていきましょう。

上のリビングは、つる性の植物(ウォーターヒヤシンス)をざっくりと編んだ家具やラグを使い、ナチュラルな雰囲気たっぷりですね。アジアでは、成長の早いつる性の植物を使った家具や小物が生活の中に密着しています。ウォータヒヤシンスもその一つ。日本でも良く使われているラタン(籐)と比較すると網目に丸みがあり、ざっくりとした質感は素朴な印象です。

こういった素朴なナチュラル感のあるインテリアでは、内装材もラフな印象の塗り壁や、無垢材を使ったフローリングなどが合います。

空間全体は、自然な色合いでまとめ、クッションには草木染めで染めたようなオレンジを加えてアクセントにしています。アジアンスタイルには、太陽に負けないようなはっきりとした色も良く使いますが、ぱっと眼がさめるようなビビットカラーではなく、強い色でも彩度を少し落とした色が合いますよ。

アジアンスタイル

ごろりと横になれば夢見心地のカウチソファはアジアンスタイルにぴったり(画像:クワイエットアワーズ)

湿度も気温も高い地方では、暑さの厳しい午後はお昼寝タイム。涼しい木陰でゆったりと休むのがアジアのリゾート風。

右のような寝椅子も、アジアンインテリアらしいアイテムの1つです。リビングのコーディネートに加えるだけでも、ぐっとアジアンリゾートらしい雰囲気になりますね。

 


次ページは使いこんだ木が魅力的なアジアンスタイルです。
古材を使った力強いアジアンスタイル>>