TOP > ナマズの仲間 > その他 > ジャイアント・バンジョー

ジャイアント・バンジョー
画像提供:オオツカ熱帯魚

ジャイアント・バンジョー

学 名:Amaralia hypsiura
通称名
英 名:Banjo catfish
分 布:南米:アマゾン川流域
サイズ:15cm
Temp :22-24℃
pH  :弱酸性~中性

『ジャイアント』と名につくものの、最大で全長15cmほどと決して大きくはない。一般的なバンジョーキャットがおよそ12cmほどなので、そちらと比較してもやや大きい程度だ。ただし、こちらの方が貫禄がある。よりゴツゴツ感が強く出ており、しかも太短い。あながちジャイアントという呼称も間違いではないと言える。

サイズ的には、アクアリウムに向いたナマズの仲間で、しかも水槽内でそこまで大きくはなりづらく、おまけに数cm程度でも十分性成熟するそうだ。

ナマズ目アスプレド科に属するバンジョーキャットの仲間は、幾つかの種が観賞魚として知られている。不明種も含め、数多くの魚が輸入され、地味ながらもファンは多い。

扁平、頭でっかちな体型が、楽器のバンジョーに似ていることから、バンジョーキャットフィッシュ(Banjo catfish)と呼ばれている。アスプレド科には12属が分類され、全て南米大陸に分布している。アマラリア(Amaralia)属は、本種1種のみで構成されてる。

形態から推測できるように、底床に堆積する枯葉や枝などに擬態していると思われ、日中は余り活発に泳ぐことはない。もっぱら夜間に活動する。底棲するスタイルから、底砂には目の細かい砂を用い、底床内の腐敗には留意する。生活の根幹となる底床が汚れてしまうと、病気の発症を招き不調につながる。

飼育は難しくないが、人工飼料に馴染みづらく、冷凍赤虫やイトミミズなどを与える必要がある。性格は温和なので、同程度のサイズの温和な魚となら問題なく混泳も可能だが、口に入ってしまうような小型魚は避けた方が懸命だ。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。