リビングダイニングに、ソファとダイニングを置くと手狭になる。そんな時には、ソファを敢えて置かずに大きめダイニングテーブルで、食事も団らんも行うという考え方もあります。
ゆったりくつろげるダイニングテーブルご紹介しましょう。

多目的には人数分+αのテーブルを 

ダイニングが中心の生活では、食事はもちろん、アイロン掛けや料理の下ごしらえといった家事作業、子供の勉強、その他趣味や読書のためなど多目的にダイニングを使うことが考えられます。いろいろな行為が行われることを考えて、実際に座る人数に見合った大きさよりも大きめのテーブル選びをしましょう。

ダイニングテーブルの大きさは、巾600mm、奥行き400mmが一人分スペースの目安ですので、4人掛けなら最小で巾1200mm奥行き800mmとなりますが、家族みんながテーブルに集まって多目的に使うのであれば、巾は1800mm以上あると使いやすいでしょう。

ゆったりには低めが◎ 

ダイニングでもくつろぐとなると長時間座っていても疲れないテーブルとチェアを選びたいですね。食事だけでなく、くつろぎも考えた家具はリビングダイニング(LD)用として名前がつけられているものが多いです。

一般的なダイニングテーブルの高さは、椅子の座面高さ+270~300mm前後。日本では700mm~720mm程度が多くなっています。
リビングダイニング用の椅子はくつろいでいる時に足が少し前に出せるくらいに、通常の高さよりも低め。また、テーブルも椅子に合わせて低く設計されています。
例えば、下の画像のダイニングは、椅子座面の高さが380mm。テーブルの高さは670mmです。

椅子の座り心地は、実際に座って確認するのがベストです。長時間座っても疲れないように体をしっかりと支えてくれるものを選んでくださいね。座面や背もたれの巾が広めでゆったりしているものがいいですよ。更に、アーム部分があると肘も置けて楽です。しかし、立つ際に、椅子を多めに引かなくてはならないので、テーブルと壁の間に850mm程度は確保したいですね。

リビングダイニングテーブル&チェア

広くないLDなら、ソファは置かずに大きめなテーブルとゆったり座れる椅子で暮らすのも良い。テーブルは、多目的に使えるように大きめで、椅子は大きめでゆとりのあるものを。ナラ材をたっぷりと使った存在感のある家具(画像:カンディハウス)


次ページからは、多目的に使えるいろいろなダイニングテーブル&チェアをご紹介します。
ソファみたいなリビングダイニングチェア>>