南の島の楽園、タヒチの治安

タヒチの治安

日没頃から営業がスタートする屋台街のルロット。夜でも賑わいを見せています

空港に降り立った時からウクレレの音色で迎えられ、南の島らしい温かなホスピタリティでもてなしてくれるタヒチ。常識的な防犯意識さえあれば、心穏やかに楽園タヒチを満喫することができます。 

基本的には、治安良好な楽園タヒチ

タヒチの治安

日曜日の朝に教会へ集まるタヒチアン。白いドレスをまとい、華やかな帽子で登場。1週間分の会話を楽しむマダムたち

タヒチの治安

マルシェ(市場)のスタンドは朝から活気に満ちています

タヒチの治安を維持しているのは、パペーテ市内では警察、その他のエリアではジェンダームという憲兵隊が担当しています。彼らの活躍のおかげか、タヒチ全般的に治安はよく、強盗といった凶悪な犯罪は多発していません。

ただし、外務省 海外安全ホームページによると、地元の犯罪では、車上荒らしや空き巣、窃盗事件などが発生しているようです。日本人観光客は裕福に見られるためか、巻き込まれる犯罪はバッグなどの盗難被害がほとんどだそう。貴重品類は持ち歩かずにホテルのセイフティボックスに保管しておくのが無難でしょう。レンタカーを運転する場合も、貴重品を車内に残すのはやめましょう。

 

また、首都パペーテにあっても夜は早く、日没くらいにショップはクローズしてしまいます。特に日曜日の夜は顕著。20時を過ぎると、メインストリートでも人通りがなく、交通量もグッと減ります。ディナーを終えてレストランを出ると、いきなり夜の帳が下りた街といった感じ(屋台レストラン・ルロットの周辺はにぎわっていますが……)。いくら治安が良好とはいえ、暗闇にたむろしている若者を見ると、ドキッとしたりします。夜はルトラックも運休しているので、歩こうなんて思わずに、タクシーを利用してホテルへまっすぐ帰りましょう。

 

タヒチの治安

教会の中は白一色。ちなみに、帽子のデコレーションでどの島出身か、わかるのだとか

日曜日といえば、治安とは関係ありませんが、スーパーマーケットやマガザン(よろずや)でアルコールを販売していません。バーなどで飲むことは可能ですが、「ビーチでビールでも……」と思って仕入れようにも、売ってもらえないのであしからず。 



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。